「MAQUIA」4月号では、顔型別に印象を変えられるチーク&ハイライトの使いこなしをレクチャー。丸顔さんに似合うかわいいチーク、美人なチークの仕上がりをチェック!

Image title

顔型別に「かわいい印象」「美人印象」を叶えます

春の“一体型”チーク&ハイライト
私の顔にどう入れる?

今季のチークは、1色だけじゃないマルチタスクなパレットがたくさん。中でもハイライトがセットされたアイテムがとにかく豊富! チークとハイライトを使えば、かわいい印象も美人印象も思いのまま。


Image title

これひとつで2つの顔

ルナソル
カラーリング グレイズ EX02

ブラウニッシュオレンジとシアーなハイライトのバランスが秀逸。¥6200/カネボウ化粧品(限定品)


丸顔×かわいい印象チーク

Image title


頬横断チーク×目の下三角ハイライト

入れ方POINT

Image title

丸顔タイプはチークをふんわり入れると幼く見えるので、輪郭を補正するように骨格に沿って入れるのが正解。ピンクや赤は膨張しやすく、より丸く見えるので、ブラウンがかったオレンジがベスト。かわいい印象に仕上げるなら、頬骨が一番張り出した部分にチーク(赤い★印)を横長に入れ、丸顔印象を分断。さらに目の下から小鼻に向けて、小さな三角形を作るようにハイライト(青い★印)をのせれば、顔の中心に光が集まり、立体的な小顔に。


この顔型のチーク&ハイライトもレクチャー

下ぶくれ顔×かわいい印象

Image title

中央に色を集めて求心顔に

小鼻上から短く濃くチークを入れ、その上に平行にハイライトを。顔の中央に色と光を集めると、輪郭から視線が逸れてすっきりキュートに。赤みブラウンがおすすめ。


丸顔×美人印象チーク

Image title


輪郭削りチーク×透明感増しハイライト

入れ方POINT

Image title

ブラウンがかったオレンジチークは、丸顔を大人顔にさせる最適カラー。シェーディングのようにフェイスラインから中央に入れれば、血色を与えながら輪郭補正が可能に。ブラシにチーク(赤い★印)を3回取り、続けてハイライト(青い★印)を1回取って、こめかみ下から小鼻横に向けて斜めに入れる。さらに、耳前から口角上、耳下から口角にも同じように色を直線的にオン。チークとハイライトを混ぜることで透明感が増し、自然な陰影が生まれる。


この顔型のチーク&ハイライトもレクチャー

下ぶくれ顔×美人印象チーク

Image title

くびれチークでフォルムを変える

フェイスラインにくびれを作るように頬骨に沿ってチークを斜め入れ。ひとまわり広くハイライトを重ねることで、シャープでありながら洗練された美人印象に仕上がる。



MAQUIA 4月号

撮影/峠 雄三(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/林 由香里〈ROI〉 スタイリスト/川﨑加織 モデル/佐藤優津季 イラスト/船越谷 香 取材・文/野崎千衣子 構成/若菜遊子(MAQUIA)

※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。


【MAQUIA4月号☆好評発売中】

2020年5月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。7月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share