「MAQUIA」4月号では、チーク&ハイライトがセットになったマルチタスクパレットに注目。顔型別に適した色の入れ方やメイクテクをご紹介!

Image title

顔型別に「かわいい印象」「美人印象」を叶えます

春の“一体型”チーク&ハイライト
私の顔にどう入れる?

今季のチークは、1色だけじゃないマルチタスクなパレットがたくさん。中でもハイライトがセットされたアイテムがとにかく豊富! チークとハイライトを使えば、かわいい印象も美人印象も思いのまま。


Image title

これひとつで2つの顔

SUQQU
ピュア カラー ブラッシュ 118

肌に鮮やかな血色感を与えるレッドと、柔らかなニュアンスをプラスするピンクパール。¥5500(限定品)


面長×かわいい印象チーク

Image title


ネコひげチーク×ぼかしハイライト

入れ方POINT

Image title

面長は頬の面積が縦に広く、のっぺり見えがち。赤み系チークで目から下を膨張させ、横幅を強調すれば平面的な印象を一掃できる。また、かわいらしく見せるなら、チーク(赤い★印)とハイライト(青い★印)を同量で混ぜて血色感は高めに。パレット左から右へブラシを動かして、小鼻の横からネコのヒゲのように色を入れる。中央、上、下の順にブラシを滑らせ、中央が濃くなるように。縦印象を広げないよう色は目の下から口角上までで留めて。


この顔型のチーク&ハイライトもレクチャー

あごせま顔×かわいい印象

Image title

外側にハイライトでふっくら見せ

顔の面積が狭いあごせま顔は、頬を膨張させるミルキーピンクを。黒目下から円を描くようにチークを入れ、外側にずらしてハイライトを重ねれば、丸みが出てキュートに。


面長×美人印象チーク

Image title


ハの字チーク×挟み込みハイライト

入れ方POINT

Image title

面長をクールに仕上げたいなら、顔印象を求心的に見せる斜め入れがおすすめ。チークカラー(赤い★印)だけをブラシに取り、黒目の下から耳下に向けて、フェードアウトさせるようにハの字に入れて。その上下をサンドするようにハイライト(青い★印)をプラス。チークだけだとシャープになりすぎるので、ほんのりピンクのハイライトで印象をやわらげるのがポイント。チーク(赤い★印)の始点を濃くすると求心的な印象が増し、のっぺり顔に立体感が表れる。


この顔型のチーク&ハイライトもレクチャー

あごせま顔×美人印象チーク


Image title

中央に色を集めて立体感アップ

あごせま顔は顔幅自体が狭いので、黒目より外側に膨張色のチークとハイライトを重ね、ふっくら見せて。目尻から黒目下に向けてななめに入れれば、子供っぽくならない。



MAQUIA 4月号

撮影/峠 雄三(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/林 由香里〈ROI〉 スタイリスト/川﨑加織 モデル/愛甲千笑美 イラスト/船越谷 香 取材・文/野崎千衣子 構成/若菜遊子(MAQUIA)

※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。


【MAQUIA4月号☆好評発売中】

2020年5月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。7月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share