Image title最近よく見るクリームタイプの練り系ハイライト。「テカテカしそうで使いどころが難しい…」「やっぱりパーティなど特別なシーンでしか出番はないの?」 と諦めるのは損。ぱっと華やぐ簡単テクを長井さんが伝授。

 教えて! 長井かおりさん 
【テカらない練りハイライトの使い方】

Image title

1_「目的別に使い分ける2つのツヤ」
下段2色がハイライト。上段2色にはチークやリップもイン。「ニュートラルなツヤがほしいときは左。透明感がほしいときは右と使い分けて」。コフレドール マルチデザイニングパレット01 ¥3500(編集部調べ)/カネボウ化粧品(数量限定発売)

 
2_「なめらかでクリーミィなツヤ感が手に入る」
クリーミィな質感が肌に溶け込む。「チークとハイライトを兼ね備えた優秀品。ブレンドすれば自分だけの色に」。KANEBO シマリングコンパクト¥6000/カネボウインターナショナルDiv.

 

3_「目、頬にナチュラルな光沢をプラス」
真珠のようなツヤと輝きで立体感をつくるパールホワイト。「派手すぎない控えめなラメ感。ハイライト初心者でも使いやすい」。キッカ リッドフラッシュ06 ¥3000/カネボウ化粧品

 

4_「単色でも重ね使いでも活躍する旬なきらめき」
濡れたようなツヤをまぶたや頬に。「単色使いはもちろん、手元のアイカラーに重ねると質感チェンジが叶う」。RMK ストーンブロッサム グロージェル01 ¥3000/RMK Division(数量限定発売)


メイクポイントはここ!

Image title

「ハイライトをのせる位置は光感がほしいところを狙って!」

間違った場所にハイライトをのせると、ただのテカリに見えたり、古さを感じさせたりと逆効果。まぶたや目の下、頬骨と光を集めてツヤがほしいところだけに薄く伸ばすのが正解。


PROCESS

Image title

1_まずは手持ちのブラウンのアイカラーをアイホールに塗る。さらにハイライトを指に取り、ポンポンとやさしいタッチで“置く”ような感じで重ねると、ブラウンのアイカラーの質感が変わる。



Image title

2_光を集めたい目の下(チークの上)にも薄くハイライトをのせる。指は滑らせずポンポンと“置く”ように薄く伸ばすと、ファンデーションがヨレずにきれいに仕上がる。


Image title

3_頬骨上からこめかみに向けてもやさしいタッチでハイライトを伸ばす。



練り系ハイライトのうるおうツヤ感で
メリハリのある立体顔に格上げ!

Image titleシルバーイヤリング¥3900/mimi33(サンポークリエイト)  右手のリング¥2900/アネモネ(サンポークリエイト) 黒トップス/スタイリスト私物

Image title

ヘア&メイクを担当したのは…
Profile / 
ながいかおり。『MAQUIA』をはじめ、美容誌、TVなど多数のビューティメディアで活躍するヘアメイクアーティスト。誰でも簡単に美しくなれる独自のメイクテクニックに定評があり、イベントや監修に携わる。『必要なのはコスメではなくテクニック』(ダイヤモンド社)、『テクニックさえ身につければ“キレイ”はもっと引き出せる』(講談社)など、著書多数。



※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。


撮影/当瀬真衣〈TRIVAL〉(モデル)、久々江 満(物) ヘア&メイク/長井かおり スタイリスト/柿原陽子 モデル/泉 はる 取材・文/佐久間千絵 構成/佐藤 陽(MAQUIA ONLINE)

MAQUIA書影

MAQUIA2021年7月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。9月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share