大胆に髪をカットし、さらなる輝きを手に入れた石原さとみさん。常に美しさを更新し続ける彼女が考える美容の魅力、その向き合い方とは? 「MAQUIA」11月号から、スペシャルインタビューをお届けします。

石原さとみさんインタビュー! 「メイクに力をもらって生きている」が意味することとは?_1

石原さとみ
私を強くする「美容のチカラ」

about MAKEUP
メイクに力をもらって生きている。


Qプライベートで重要なコスメは?
ON/OFFの切り替えは、マスカラで。
「私の場合、マスカラを塗ると完全によそ行きの自分になるんです(笑)。逆に、マスカラやビューラーをしていない時はリラックスモード。誰かと仲良くなりたい時や素の自分で接したいなって思う時は、あえてまつ毛には何もしないかも」


Q仕事の上で、「メイクの力」が活きるのはどんなとき?
メイクは、役に入る一番のスイッチ。
「役を作る時、衣裳合わせと同時にメイク打ち合わせもするんです。私は基本的に自分でメイクをするので、夜な夜なコスメをバーッと広げて“こういうイメージの子だからこの色を使おうかな”とか考えています。肌の印象や纏う色はキャラクターを形成する重要なパーツだと思うので、撮影前にメイクしながら自分の中にあるスイッチを入れています」


Qメイクは変身願望も叶えてくれる?
YES!
「こんな人になりたい」を叶えられるのもメイクの力。
「雑誌やドラマを見て“こういう女性になりたいな”とか“こんな性格になりたいな”って感じることがあれば、その人のメイクをそのまま真似してみる。それだけで、その日一日のテンションが変わってくると思うんです。リップ1つ変えるだけでも良いと思いますよ」

両手で口元を覆った石原さとみさん

Qお守り的存在のコスメはある?
自分に自信を与えてくれる、リップの存在に助けられています。
「リップの色を変えるだけで顔の印象がガラッと変わる。なので、常に数本持ち歩いていますね。色で言うと、青みピンク。血色とも違うしハッピーって感じでもないんですが、私にとってすごく気分を変えてくれる色なんです。あとは、ボルドー系やくすみ色もお気に入り」

ソファに座る石原さとみさん

Qメイクするときのコツは?
塗った後に表情を動かして、なじむかどうかチェックを!
「真顔でメイクするかにこやかにメイクするかで、仕上がりも変わるもの。特に朝は顔が固まりがちなので、口を大きく開けたりして表情をよく動かすように。仕上げた後も顔をしっかり動かして、なじみ具合を確認するのがポイントです。あと、ベース類は下から持ち上げるように塗ることも重要」

プリマヴィスタ スキンプロテクトベース〈皮脂くずれ防止〉 レギュラー SPF20・PA++ 25 ml ¥3080(編集部調べ)/花王

「この下地がとにかく崩れなくて、舞台の時も大重宝!」プリマヴィスタ スキンプロテクトベース〈皮脂くずれ防止〉 レギュラー SPF20・PA++ 25ml ¥3080(編集部調べ)/花王

USE ITEMS

USE ITEMS
目元は3の一番下を太め&長めに目尻に入れ、下まつ毛キワもこれで埋める。頬は5の一番下を、輪郭を包むように入れシャープに。眉は元の形に赤みを足すように4を重ね、リップは2を直塗りした後一度ティッシュオフして、指でとって重ねる。1 オーブ デザイニングマスカラ BK611 ¥2420、2 同 タイムレスカラーリップ 03 ¥3520、3 同 ブラシひと塗りシャドウN 15 ¥4070、4 同 見たまま塗るだけアイブロウコンパクト BR813 ¥3520、5 同 ブラシひと塗りチーク 02 ¥4290/花王

SATOMI ISHIHARA
石原さとみ
1986年12月24日生まれ、東京都出身。第27回ホリプロタレントスカウトキャラバングランプリ受賞を経て、俳優デビュー。その後、映画、ドラマ、舞台など幅広い分野で数々の話題作に出演し、多くの賞を受賞。10月29日公開の映画『そして、バトンは渡された』では、初めての母親役にも挑戦している。



MAQUIA11月号
撮影/黒沼 諭〈aosora〉 ヘア&メイク/AYA〈ラ・ドンナ〉 スタイリスト/宮澤敬子〈WHITNEY〉 取材・文/真島絵麻里 構成/木下理恵(MAQUIA)


※本記事掲載商品の価格は、税込み価格で表示しております。

MAQUIA書影

MAQUIA2021年10月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。12月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share