ヘルシーなハッピー感も、色っぽい女性らしさも、つやめくお肌もすべて憧れ。日本中をドキドキさせ続ける石原さとみさんに聞いた、ダイヤモンドのようにきらめく女性になるための“自分活かし”論を、「MAQUIA」5月号からお届けします。

Image title

私が輝けるのは、いろんな力に助けられているから
石原さとみ
ダイヤモンドのき方


美肌を活かすなら、頬にツヤを
宿して、目と唇に透け感を

「ファンデーションできれいに整えた肌より、下地とコントロールカラーで作る軽い肌が心地良い。フェイスパウダーも鼻の周りとTゾーンとおでこだけ。つやを残したい頬にはのせません。唇も色より内側から透けるような血色作りにこだわっています」

丁寧にスキンケアをしたあと、1をごく少量顔の中心から外側へ薄く薄くなじませる。2をおでこ、Tゾーンにのみ軽く押さえる程度にのせて。3の上3色を混ぜて頬の高い位置メインで広めにふわっとのせる。3は目元にも使用。上まぶたに下から2番めのピンクを二重の幅、上下目のキワにいちばん下のブラウンをごく薄く。4の中央上側のライトカラーをハイライトに使用。目のすぐ下にさらっと重ねて光を集めて。唇は5を塗ったあと、上から6を重ねて血色が内側から透けるように見せる。

Image title

1 プリマヴィスタ ナチュラルグロウ ラスティング リキッド ベージュオークル 01 30ml SPF31/PA+++ ¥3200(編集部調べ)、2 エスト ブライトニング プレストパウダー パール ¥4000、3 オーブ ブラシひと塗りチーク ケースセット(レフィル・ブラシ込) 01 ¥3900、4 同 ブラシひと塗りシャドウN 12 ¥3700、5 オーブ クチュール 美容液ルージュ PK201 ¥3200、6 同 NC01 ¥3200/花王


Image title

普段のメイクは
自然なツヤと、ほんのり透ける
ような血色だけあればいい


Satomi Ishihara
1986年12月24日生まれ。東京都出身。2002年、第27回ホリプロスカウトキャラバン『ピュアガール2002』を受賞。女優デビュー。数々のドラマや映画、舞台などに精力的に出演。老若男女問わず愛される国民的女優に。4月から放送予定のフジテレビ系連続ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』で主演を務める。



MAQUIA 5月号

撮影/菊地泰久〈vale.〉 ヘア&メイク/George スタイリスト/宮澤敬子〈WHITNEY〉 取材・文/通山奈津子 構成/木下理恵(MAQUIA)

※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。


【MAQUIA5月号☆好評発売中】

2020年5月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。7月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share