「MAQUIA」5月号に掲載中の『ALL ABOUT 石原さとみ』から、石原さんの内面の魅力に迫る10問10答をお届けします♡

Image title

Q 10代の頃と比べ意識して変わったことは?

A 大人っぽさ……かな。

ニューヨークに一人旅をしたとき、外国だと実年齢より幼く見えちゃう自分に気付いたんです。それで、大人っぽいメイクをしようと心がけるように。今もリップやネイルなどはそういう色を意識的に選ぶようにしています。


Q 美しくあるために心がけていることは?

A 常に潤わせておくこと。

特にリップケアは欠かせない。リップクリームが大好きで、リビング、キッチン、トイレ、洗面所などあらゆるところに置いておくようにしています。


Q 憧れの女性像は?

A 人を励ませる人。


Q もしも女優になっていなかったら何をしていたと思う?

A 看護師さん。 

15歳からこの仕事をやっているから想像つかないけど……、他の仕事ができるならナースになりたい。19歳で看護師の役を演じたときも、アフリカでナースのお仕事を手伝う役をやったときも、すごく刺激を受けて世界が広がった。今から看護師の勉強ができるならやってみたい。


Q 目標を立てるタイプ?

A 何事にも立てます。


【次のページをチェック】まだまだ語ります! 石原さんが幸せを感じる瞬間は……♡

Q 克服したい自分の弱点は?

A 勇気が出ないところ。

怖気づいて自分を封じちゃうことがあるんです。これを言ったら嫌われちゃうかなとか。


Q 1週間休みがあったらやりたいことは?

A 何をしたいかにもよるけど、今はロンドン、ニューヨークなど海外に行きたい! 短くてもいいから!


Q 今後やってみたい役&チャレンジしたい仕事は?

A 久しぶりの舞台。


Q 変わりたい、自分を変えたいと思ったことある? それはいつ?

A ◯◯になりたい、◯◯を直したい、もっと強くなりたいなど、常に変わりたいと思っています。


Q 幸せを感じる瞬間は?
A 自分じゃない誰かのことで嬉し泣きしているとき。

自分って恵まれてるなーって思います。自分が愛した分愛されている感じがするから。そういう瞬間はいつだってウェルカムです。


LOOK

Image title


陰影アイで

強く美しいハンサムウーマン

大切なものを真剣に守ったり、すべきことをとことん追求したり。一途でまっすぐな心意気は強く美しい。つい側にいたくなるハンサムな一面を覗いてみて。


MAKE-UP TIPS

Image title


A オーブ クチュール デザイニングインプレッションアイズ 557 ¥3700・B 同 デザイニングアイブロウコンパクト BR812 ¥3200・D 同 美容液ルージュ BE801 ¥3200/花王ソフィーナ C ペンシルアイライナー 02(セット価格) ¥3500/エスト


キリリとした眉と陰影囲みシャドウが主役

「眉頭が近いと鼻筋も通って見えるから凄い。スモーキーな囲みシャドウも新鮮」(石原さん)。Bの全色を混ぜ、求心的になるよう眉をキリリと描いたら、パープル寄りのブラウンシャドウAの右の真ん中を上下まぶたにしっかりと入れ、Cのブラウンラインで目の際を締める。リップは陰影のある目元を際立たせるDのベージュで引き算するとグッドバランス。


MAQUIA5月号

撮影/菊地泰久〈vale.〉 ヘア&メイク/河北裕介 スタイリスト/宮澤敬子〈D-CORD〉  取材・文/通山奈津子 構成/木下理恵〈MAQUIA〉


【MAQUIA5月号★好評発売中】

2020年5月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。7月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share