「MAQUIA」10月号で連載中の美女子ネタ『今月の美貌食』から、新オープンのジェラートショップをご紹介。心と体が喜ぶような、こだわりのメニューがたくさん!

ひんやり甘くて美味しい! 話題のジェラート専門店で心と体が喜ぶ体験を_1

今月の美貌食

各地の素材を贅沢に使った、
甘さ控えめすこやかテイスト
西荻窪に誕生したジェラート専門店。コンセプトは“地域発掘”で、伊豆の塩、静岡産のメロンやだだちゃ豆、京都産の抹茶など、各地から選りすぐりの食材を用いてメニューを展開。甘みを極力抑えて素材の持ち味を活かすため、よどみなくすこやかな味(写真1・右から「クールミント」「はんなりお抹茶」「とうふミルク」各¥440)。金沢産の最中皮が魅力を引き立てる。それをベースにもち麦を混ぜたグラノーラ入り「ジェラートパフェ」やジュレを重ねた「かき氷ポンチ」も登場。

京都の抹茶や国産のミントを使用。常時約12種。

1 京都の抹茶や国産のミントを使用。常時約12種。

(右から)「レモンミルクとマンゴのパフェ」¥780と、ジェラートを追加できるかき氷ポンチ「カシス&ベリー」¥760〜。それぞれ3種あり。

2(右から)「レモンミルクとマンゴのパフェ」¥780と、ジェラートを追加できるかき氷ポンチ「カシス&ベリー」¥760〜。それぞれ3種あり。

西荻 3時

data
西荻 3時
東京都杉並区西荻北3-13-16
☎03(6454)7816
営業 12:30〜19:00 定休 月曜

世界的名画に登場した、
この上なくリッチなジェラート
オードリー・ヘプバーンが出演した『ローマの休日』の名シーンに登場したジェラート店「ジョリッティ」が日本初上陸。有名ホテルで活躍したイタリア人シェフが、本場のレシピを忠実に再現している。フレッシュな素材を用い、店内の厨房でハンドメイドにこだわった作りたてのジェラートは、想像以上にまったりクリーミー。レストランで味わえるデセールのような贅沢さだ。「ピスタチオ」や「バニラ」はもちろん、旬の果実を贅沢に使ったテイストもぜひ味わって。

「ピーチ」と「レモン」のダブル(コーン)¥810、「ピスタチオ」「バニラ」「ダークチョコレート」のトリプル(カップ)は¥864〜。

1「ピーチ」と「レモン」のダブル(コーン)¥810、「ピスタチオ」「バニラ」「ダークチョコレート」のトリプル(カップ)は¥864〜。

シェフのこだわりが詰まった美しいジェラート。作りたて、素材を贅沢に使っているのがわかる美味しさ。

2 シェフのこだわりが詰まった美しいジェラート。作りたて、素材を贅沢に使っているのがわかる美味しさ。

ジョリッティ 新宿店

data
ジョリッティ 新宿店
東京都新宿区新宿3-38-1 
ルミネエスト新宿 B1F  
☎03(6380)1343   
営業 11:00〜20:00 定休 施設に準ずる

MAQUIA 10月号
撮影/山下みどり 取材・文/広沢幸乃


※本記事掲載商品の価格は、税込み価格で表示しております。
※各店舗の状況は変更になる可能性があります。

MAQUIA書影

MAQUIA2021年10月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。12月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share