輝きを増しつづける5人に魅せられて

美しく格好良く、時々、お茶目。多面体の宝石のような魅力で私たちを虜にするKing & Prince。磨かれる輝き、止まらない進化。「MAQUIA」11月号では、彼等の個性溢れる煌めきと美意識をパーツごとに大解剖!

King & Prince平野紫耀の今。「倦まず弛まず輝きを磨き続ける」_1

Profile
ひらの しょう●1997年1月29日生まれ。美、動、笑、全てを兼ね備えたオールラウンダー。今年はドラマ『未満警察 ―ミッドナイトランナー』が話題に。役者としての活躍にも注目が集まる23歳。



筋肉
普通に生活しているだけで筋肉がついてしまう。この体質はあまり好きじゃないんです。メンバーは「羨ましい」と言ってくれるけれど、それなりの苦労もあるんですよ。例えば、洋服。二十歳の頃、作品の打ち上げに着ていける服が欲しくて。頑張って少し高めのジャケットを買ったんです。でも、翌年にそれを着ようと思ったらパツパツで腕が上がらない。それどころか一人じゃ着れなくて。後ろから誰かに着せてもらわないと腕が入らないんです。仕方なくおばあちゃんに手伝ってもらいながら着たものの「これじゃ乾杯もできないな」と。残念ながら諦めて脱ぎました。いい服を買っても毎年コレ。大変なんですから!




人生の節目、記念日、そして、自分への“頑張ったご褒美”に買うもの。それは大好きな腕時計。次に買うのはきっと、ドラマ『未満警察 ―ミッドナイトランナー』の撮影が終わったとき。実はもう、欲しいものは決まっていて。家にある腕時計の数は努力の数。これからも増やしていきたい大切な宝物です。




男らしさが宿る場所。 行動力、決断力、牽引力……いろいろな力を磨き蓄えつつ子供の遊び心も忘れない。そんな大人が僕の理想。今の達成率は2%。残り98%。まだまだ遠い道のりです。




目頭が熱くなることは滅多にない。平野紫耀、全然泣かないんですよ。映画を見ても泣かないし、卒業式で泣いたこともないし。プライベートで涙を流したのはいつだか思い出せないくらい、泣かない。だから、泣く演技も苦手で……。いや本当、泣きの芝居、難しいです!





完全版は、MAQUIA 11月号(電子版)でお楽しみください! >>






MAQUIA 11月号
取材・文/石井美輪 取材・構成/伊藤かおり、清田恵美子、木下理恵(MAQUIA)

MAQUIA書影

MAQUIA2020年10月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。12月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share