骨格に合わせて設定した前髪や全体のレングスで、丸顔やベース型の方が持つ「顔の余白」をさらりとカバー! ドライな質感とラフなパーマが抜け感を作り、おしゃれな印象に仕上がる「ラフパーマの小顔ボブ」。骨格を補整する効果が高いので、面長の方にも取り入れられるマルチなスタイルです。しかも、髪のボリューム不足も解消しながらハチ張り、絶壁といった頭の形のカバーにも一役。髪や頭の形にコンプレックスがあって「似合う髪型がない……」とお悩みの方にぜひ試していただきたいスタイルです。

30代 ラフパーマの小顔ボブ

【おすすめの顔型】
特におすすめ→丸顔、ベース型
面長


【NGの顔型】
特になし

HOW TO MAKE
トップから動くパーマが根元の立ち上がりを演出し、抜け感のあるおしゃれな雰囲気に! 不向きな髪質などは特になく、中でもボリュームがない方、髪がぺたんこになりやすい方はふわっと見せることができるので特におすすめです。



【カット】
肩上3cmのやや前下がりのボブにカット。表面にレイヤーを3cm入れてふんわりとした動きが出やすいようにします。


【パーマ】
パーマは、20〜32mmのロッドで中間からふんわり動きをつけるように巻いていきます。前髪は32mmのロッドでワンカールの平巻きに。


【カラー】
カラーは、9レベルのマロンベージュで、柔らかく抜け感と透明感のある印象に仕上げます。



 

  • 30代 ラフパーマの小顔ボブ
  • 30代 ラフパーマの小顔ボブ

STYLING(3minutes)


スタイリング剤
スタイリング剤はベタつかず、艶が出すぎないLORENオリジナルのL/Oバームを使用。


HOW TO
①爪一枚分の大きさのバームを手のひらに取り、手のひら全体にしっかり伸ばしてから襟足の内側、サイドの内側につけていきます。
②最初に内側にしっかりつけたら、次は表面→前髪の順で手のひらに残ったバームをつけて完成。根元につけすぎるとベタつくので、中間から毛先につけるイメージで。

このヘアを担当してくれたのは……Hirokoさん〈LOREN〉
撮影/羽田絢哉〈LOREN〉 モデル/yumeno 文/アダチミカ

share