「MAQUIA」12月号の特集『「変化」を味方につける私のトリセツ100問100答』から、40代女性の特徴や、変化の対処法をご紹介。正しい知識を身につけて、ポジティブ・エイジングを目指して!

40代女性の変化と対処法Q&A。太る原因って? 肌の変化は?etc.…_1

年代、季節、1カ月、1日……「私」はどんどん変わるから。
「変化」を味方につける
私のトリセツ100問100答

教えてくれたのは…
大貫未記さん

気象予報士・美容ライター

大貫未記さん

健康気象アドバイザー。狛江FM「コマラジ」にて「大貫未記のビューティー予報」(毎月第2火曜)を担当。

小野陽子先生

産婦人科医・心療内科医

小野陽子先生

対馬ルリ子女性ライフクリニックにて診療。Addots GINZA代表。心と体の両面から女性を支える診療を。

木村容子先生

医学博士

木村容子先生

東京女子医科大学附属東洋医学研究所所長・教授。日本内科学会認定医。東洋医学・西洋医学の両面から診療。

慶田朋子先生

医学博士・皮膚科専門医

慶田朋子先生

銀座ケイスキンクリニック院長。美肌に導くスキンケア、安心安全な美容医療などを的確に診断&解説。

女性ホルモンが減少。
体調管理の見直し期
40代

40代女性の特徴

40代女性の変化と対処法Q&A。太る原因って? 肌の変化は?etc.…_2

Q 40代ってどんな時期?
A 更年期を迎え、閉経を迎える人も。不調も出やすくなる
「閉経の平均年齢は50.5歳。その前後5年ずつの45〜55歳が更年期で、この時期に不調が出やすくなります。40代後半で閉経を迎える人もいます」(小野先生)



Q メンタル的にはどう?
A 今までと同じことをしても頑張れなくなり、無理が利かなくなる
「40代になると“気(エネルギー)”が不足し、今までと同じことをしても頑張れず無理が利かなくなります。更年期になると落ち込みやイライラも」(木村先生)



Q 体型はどう変わる?
A ぽっこりお腹と下半身太りがミックスされた“ぺアップル体型”に
「お腹周りに脂肪がつく“リンゴ体型”と、下半身に脂肪がつく“洋なし体型”がミックスされた“ぺアップル体型”になりやすくなります」(木村先生)



Q 40代が太る原因って?
A ホルモンバランスの乱れによりコレステロールがたまりやすくなる
「女性ホルモンが減少し、コレステロールをためこみやすくなって太りやすくなるほか、加齢による筋肉の減少からくる代謝の低下も原因」(木村先生)



Q 体型維持におすすめの方法は?
A 眠っているスリーピングマッスルを目覚めさせ、筋肉を強化する運動を
「加齢に運動不足が加わると、使われずに眠っている“スリーピングマッスル”が増加。まずそれを目覚めさせる運動をし、お腹や下半身に効く筋トレを」(木村先生)

スリーピングマッスルを目覚めさせる

仰向けで両膝を立て、腰に畳んだタオルを置き、お腹の力で押しながらかかとをお尻から遠ざけて30秒キープ。3〜5回。

お腹スッキリエクサ

うつ伏せで、両肘と両足先を床につけ、お腹をへこませて体を引き上げて30秒〜1分キープしたら体を下ろす。
❷❶の姿勢からあごを引き、背骨を緩やかに湾曲させて引き上げ4秒キープ。戻すときは床に体を下ろさず、を5〜6回行う。

お尻キュッとエクサ

仰向けで両膝を立てて外側へ開き、肩甲骨は骨盤方向へ下げ、首を長く保つ。
へそ裏を床に沈める意識で、お尻を下から順に引き上げてギュッと締め、息を吸って吐いたら、背骨を上から順に床に下ろす。これを5回。

参考『太りやすく、痩せにくくなったら読む本』(大和書房)

Q 40代の肌の変化とは?
A シワやたるみなどのエイジングサインが顕著に
「シワやシミ、たるみなどが一気に進みます。また日常的な姿勢や遺伝的要素、紫外線や栄養状態など日々の過ごし方で個人差が顕著に」(慶田先生)



Q やっぱり攻めのスキンケアをするべき?
A YES
「何もしなければ肌はどんどん衰えていくだけ。ホームケアは透明感を高める保湿に特化し、たるみやシワは美容医療で攻めるというのも手」(慶田先生)



Q プチプラは40代には力不足?
A そんなことはありません
「大事なのは使い方。肌に合っているのであれば問題なし」(慶田先生)。「疲れて何にもしたくない時用にオールインワンを常備しておくと便利」(大貫さん)

ヒアルロン酸配合。肌ラボ 極潤パーフェクトゲル 100g ¥1370(編集部調べ)/ロート製薬

ヒアルロン酸配合。肌ラボ 極潤パーフェクトゲル 100g ¥1370(編集部調べ)/ロート製薬

Aトロみのある質感で吸い付くように浸透。ミノン アミノモイスト エイジングケア ローション 150ml ¥2200、B乳液とクリームを1本に。こっくりなのに軽いつけ心地。同 ミルククリーム 100g ¥2300、 C同 オイル 20ml ¥1500(すべて編集部調べ)/第一三共ヘルスケア

大人の敏感肌に寄り添う新シリーズ。A トロみのある質感で吸い付くように浸透。ミノン アミノモイスト エイジングケア ローション 150ml ¥2200、B 乳液とクリームを1本に。こっくりなのに軽いつけ心地。同 ミルククリーム 100g ¥2300、 C 同 オイル 20ml ¥1500(すべて編集部調べ)/第一三共ヘルスケア

Q 40代に多い体調不良とは?
A 肩こり、目の疲れ、便秘、不眠、疲れやすさなど
「肩こり、目の疲れ、便が出てもお腹が重い“隠れ便秘”、不眠、疲れなどが生じがち。以下の体操で背中をほぐすと巡りがよくなり、改善しやすく」(木村先生)

背中エクサ

うつ伏せで両脚を腰幅に開き、腕は遠くに伸ばす。おへそを床から1㎝ほど浮かせる。
頭、胸の順に上体を引き上げ、両肘を背中の中心へ引き寄せ、息を吸う。吐きながらに戻る。これを5回。

Q 40代に多い婦人科系疾患は?
A 子宮内膜症、子宮筋腫、更年期障害、乳がんなど
「20〜30代にみられた子宮内膜症や子宮筋腫のほか、後半になると、更年期症状や、乳がんや子宮体がん、卵巣がんなども増え始めます」(小野先生)



Q 更年期って、どんな症状が出るの?
A ホットフラッシュ、動悸、めまい、不眠、イライラなどさまざま
「ホットフラッシュや動悸、めまい、冷え、頻尿、不眠のほか、イライラや意欲の低下など多様な症状が出ます。生活に支障が出るなら“更年期障害”であり、治療が必要です」(小野先生)



Q 40代が見逃しがちな美容ポイントは?
A 輪郭ケア
「姿勢が悪く、首が前に出ている人は首や顎下にたるみが発生。フェイスラインがもたつくと顔の印象を一気に老けさせてしまうのでリフトアップケアを取り入れて」(慶田先生)

AリファC.P.セラムリフト 50ml ¥4364、B1回5分のケアでOK。リファビューテック レイズ ¥38000/MTG

A リファC.P.セラムリフト 50ml ¥4364、B 1回5分のケアでOK。リファビューテック レイズ ¥38000/MTG

Q 食事で気を付けるべきことは?
A 栄養の吸収が下がるので、ビタミンやミネラルを補って
「消化吸収能力が下がり、栄養が吸収されにくくなるので、サプリメントなども利用してビタミンやミネラルを補って。また、炭水化物は最後に食べるようにして肥満予防を」(木村先生)



Q 健康のために40代にまずしてほしいことは?
A 寝てください
「40代になると、五臓のうち、生命エネルギーを蓄える“腎”が減少し、老化が加速。腎の強化に睡眠は不可欠なので十分に取って」(木村先生)。他の先生方も同様に睡眠が大事と回答。



Q 40代で閉経する人もいるの?
A います
「閉経の年齢には個人差があり40代で閉経する人も。閉経後は高脂血症や骨粗しょう症などの病気のリスクが高まるので、必要に応じてホルモン補充療法も考えて」(小野先生)



Q 若さを目指す目安は?
A 年齢のマイナス10%を目指すと魅力的に
「やみくもな若返りは不自然に。見た目が年齢のマイナス10%ぐらいの若返りが理想的です。つまり40歳なら30代半ばのヘルシーな肌を目指すと美しさが際立ちます」(慶田先生)



Q 50代に向けてやっておくといいこととは?
A かかりつけ医をもって更年期について勉強を
「更年期障害が起きてから慌てなくて済むように、今から婦人科医などのかかりつけ医をもっておき、更年期についてよく勉強をしておきましょう。もちろん食事や運動、睡眠など生活習慣も整えることも重要です」(小野先生)



Q これからはもう老化していくばかり?
A ポジティブ・エイジングを目指して!
「加齢は避けられませんが、自分のケア次第で老化の速度や程度をコントロールすることは可能です。積極的に適切なケアを取り入れて、老化速度を遅くする“ポジティブ・エイジング”を目指しましょう」(木村先生)


 



MAQUIA 12月号
イラスト/本田佳世 取材・文/和田美穂 轟木あずさ 構成/山下弓子(MAQUIA)
※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。

MAQUIA書影

MAQUIA2020年11月21日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。1月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share