人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

旬顔になれるチークのつけ方を図解! コーラル×ニュアンスカラーでヘルシー系メイク

メイクアップ

コーラル×ニュアンスカラーでハリ感UP! 「MAQUIA」4月号では、この春のキレイに欠かせない光系チークのつけ方を解説。おすすめアイテムもご紹介します。

ヘルシー系チークメイク


みずみずしいヴェールで、こんなに変わる!
春チークで、うるおってる感!


 Coral  ×  Nuance color 

ハリがぷるんっ!と湧き上がる、
ピュアヘルシー系

ひと回り大きく重ねるニュアンスカラーが顔の凹凸を拾って、頬のカーブを強調。視覚的なハリ感が大幅UP! ぼんやりした印象にならないよう、シャープな形に持っていくのもポイント。

カネボウ ヴァリアンブラッセ(チークス)05

1/5

サティシェ エッセンスイン フェイスカラー CO

2/5

エレガンス コスメティックス ブリスオーラ OR202

3/5

シスレージャパン オーキッド ブラッシュ 3

4/5

チークの入れ方

5/5

右のホワイトピンクはとびきり柔らかな光感。優しげで女性らしい印象に。カネボウ ヴァリアンブラッセ(チークス)05 ¥5500/カネボウインターナショナルDiv. 


ヒアルロン酸入りでくすみや乾燥をやわらげ、頬を引き上げて見せる。サティシェ エッセンスイン フェイスカラー CO ¥3500/CPコスメティクス 

中央のミックスカラーが華やかさを、外側のニュアンスカラーが端正なムードを醸して。ブラシ付き。ブリスオーラ OR202 ¥7000/エレガンス コスメティックス 


本格的なスキンケア効果を持ち、思わず触れたくなるキメ細かな柔肌に。オーキッド ブラッシュ 3 ¥10500/シスレージャパン

 HOW TO MAKE UP 

1. コーラルを逆おにぎり型に

ブラシを縦に持ち、パレット左のコーラルを頬の中央にややシャープな形で。


2. ニュアンスカラーを重ねて

パレット右のニュアンスカラーを、1で入れた範囲よりひと回り大きくオン。


ニュアンスカラーを広めに重ねるのが重要。色のなじみがよくなるうえ、“面”でうるおってる感が出てひときわフレッシュな表情に。


MAQUIA4月号

撮影/菊地泰久〈vale.〉(モデル) 久々江 満(物) ヘア&メイク/河嶋 希〈io〉 スタイリスト/藤井晶子  モデル/比留川 游 イラスト/IKULA 構成・文/小川由紀子 企画/芹澤美希(MAQUIA)


【MAQUIA4月号☆好評発売中】

\アユーラマスクセット版のご購入はこちら/


\猫トラベルバッグ版のご購入はこちら/

チークの記事をもっと見る

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN