【河北裕介流・オフィスメイク】信頼感を手に入れるシックな肌&ホリ深アイ

メイクアップ
いいね! 1件

TPOで違う色気を感じさせるメイクでもっと印象的に。「MAQUIA」1月号では、河北裕介さんがオフィスシーンで役立つ“昼メイク”を提案。

Image title

メイクとは、相手への心配り
河北裕介Presents
朝·昼·夜 女は3つの顔を持つ

「1日を1つのメイクで過ごす日もあってもいい。でも、相手に合わせて“持つべき顔”を用意できる女性こそが、スマートかつ魅力的」と河北さんは考える。今回は時間軸で対人関係を設定しながら特別に仮想ポーチを作成。1日中人を惹きつけてやまないメイクテクがここに。


“仕事をきちんと意識した、
真っ直ぐに取り組む佇まいに
男ってそそられるんだよ”

by YUSUKE KAWAKITA


昼 daytime/pm13:00

信頼感を手に入れる
シャープさや陰影を意識

「今回は昼の設定をお仕事のシーンにしたけど、やっぱり人と関わることの多い時間帯だからきちんと感や信頼感のあるメイクがいいよね。目指したいのは、『こんな女性だったら一緒に仕事したいな』って思ってもらえる女性像。仕事現場で『あぁ、この人はモテたいんだな』って感じるあからさまなメイクは、逆に男性は色気を感じにくいと思う。というか、それって同性としてもイヤでしょ!?(笑)TPOをきちんと考えている女性にこそ、ギャップを想像してしまうというか……ね!」

Image title


【河北裕介流・妄想コスメリスト】使用アイテムの詳細はこちらの記事をチェック!

Base & Lip
シックな肌と唇で作る、
端正なムード

「朝にツヤ下地を塗ってるから、ファンデ―ション(B)はセミマットなものを使うとちょうどいい肌に。頬とあごにのせて全体に薄く広げたら、おでこやまぶた、小鼻脇、口角にコンシーラー(C)をのせて赤みやくすみをカバーして。次に正面から見て『ここまでを顔にしたい!』って位置にコントゥア(D)で縦に線を引いて、広げすぎないようにぼかして影に。チークも土台のが透けるから塗り足さずに、輪郭を唇用のコントゥア(N)で描いた上に、リップ(M)を塗って」

Eyebrow & Eye
目と眉の距離を近づけて、ホリ深に

「このシーンで一番大事なのは、眉! パウダー(I)で眉下のラインを直線気味に描き足して、目との間にホリを作るイメージで距離を縮めて。で、足りない部分はリキッドで埋めて。目元はアイシャドウ(J)aをアイホールに横幅広めに入れて、赤みのシャドウ(K)をキワに。マスカラ(E)はビューラーをほぼせずに上だけにサラッと。ここパッチリだと気合入りすぎて怖い感じになっちゃうから注意ね」


MAQUIA 1月号

撮影/YUJI TAKEUCHI〈BALLPARK〉 齋藤晴香(物) ヘア&メイク/河北裕介 スタイリスト/木津明子 モデル/藤野有理 構成・文/森山和子 企画/芹澤美希(MAQUIA)


【MAQUIA1月号☆好評発売中】

Image title

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN