【バストアップ・下腹ぺったんこ】モテボディになれるパーツ別ヨガをレッスン

ボディ
いいね! 20件

「MAQUIA」3月号では、美しすぎるヨガインストラクター・芥川舞子さんがモテボディになるパーツ別ヨガをレクチャー。実践して女性らしい曲線のメリハリボディをゲットして。
Image title


ホットヨガスタジオLAVA
インストラクター

芥川舞子さん

Rayモデルをしていた10代、外見的な美しさを求めて体調不良やアトピーが悪化し、ヨガを始める。現在は「LAVA」などで講師として活躍しつつ武術や舞踊も習得。1児の母でもある。

Image title

ボディラインが変われば
心も可愛く美しくなれる!

体と心の調和をとることでモテ力が備わるのがヨガ、と芥川さん。
「ヨガは、ひとりひとりに最適な筋肉、柔軟性、バランスを養い、美しいボディを作ります。体が整えば心が満たされ、人を思いやる余裕が生まれる。内面的にも、魅力的な女性になれるのです」
 モテ力アップを目指して、まずは簡単なポーズからトライ。
「朝は立って筋肉を鍛えるポーズで体を目覚めさせ、夜は体を床につけるポーズでリラックス。最初は、できるときに実践すればOK。そのうち体によい変化を感じて、習慣になるでしょう」


見たい!触れたい!

モテボディになるパーツ別ヨガ

ふっくらバストや女らしさの要となる子宮など、パーツ別にアプローチするヨガ。どのプロセスも5回ずつ深呼吸しながら行って。

まあるくて柔らかいが叶う

肩甲骨寄せでバストアップ


1 床に正座をして、体の後ろで両手を組む。背筋を伸ばして、左右の肩甲骨を中央に寄せて。

2 体の前で両腕をクロスさせ、それぞれの手のひらで外側へプッシュ。腕を上下逆にして、同様に。

3 ゆっくり呼吸しながら、肩を後ろに5回まわす。ひじを伸ばし、手は頭よりずっと上を通す。

便秘や猫背もすっきり

恥骨ロールで下腹ぺったんこ 


1 仰向けになり、首から頭を起こす。両脚を上げて、恥骨を手前に動かす。おへそから下を意識して。


2 うつ伏せになり、前腕とつま先を支えにして体を浮かせる。恥骨を意識し、1mm内側に動かす。

MAQUIA3月号

撮影/藤澤由加(モデル) ヘア&メイク/鈴木 翠 モデル/芥川舞子 取材・文/風間裕美子 構成/鵜飼香子(MAQUIA)


【MAQUIA3月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN