骨を押さえるだけで効果倍増! 1日5分でOK「骨ストレッチダイエット」とは?

ボディ
いいね! 8件

忙しくても続けるためには自宅でできるエクササイズじゃないと! 今回は「MAQUIA」6月号に掲載中の『話題のエクササイズで1ヵ月痩せ』特集から、「骨ストレッチダイエット」を紹介します♡

Image title

ライターTが挑戦

お腹の肉をどうにかしたい!

「骨ストレッチダイエット」

Image title

一番効果があったのはココ!

ウエスト -8.5cm!

Image title

お腹の肉がなくなったとともに、体幹が鍛えられたおかげで悩みの反り腰も矯正。


1日たった5分でOK!

骨ストレッチダイエット

Image title

「難しい運動ではないのに、みるみる痩せていき感動」


教えてくれたのは……

スポーツケア整体研究所代表

松村 卓さん

Image title

肩こりや腰痛などを解決する革命的ストレッチ。「骨」を意識するだけで体が軽くなる! 松村 卓著『ゆるめる力 骨ストレッチ』(文藝春秋)


骨を押さえるだけで、

簡単な動きでも倍の効果が!

 運動しているのに、なかなか痩せない……。ダイエット経験者なら、一度は陥るスパイラル。

「体の可動域や柔軟性が整っていない状態で、やみくもに運動しても、本来の効果はほとんど得られません。大事なのは、いかに“骨”を効果的に動かすか。骨を上手に活用できれば、体の動きもスムーズになり、運動効果がアップ。脂肪燃焼効果も高まります」


 骨を効果的に動かす方法は、実にシンプル。親指と小指で骨を押さえる、この動作が基本に。

「親指にはブレーキ、小指にはアクセルという機能性があります。例えば、手首の骨を親指と小指で押さえると、腕の動きが制御され手首を横に動かす簡単な動きでも、その刺激はダイレクトに体幹へ。無駄なく高いシェイプアップ効果を得られるのです」(松村さん)

Image title


まずはココから!

 基本のポーズ&立ち方 

親指と小指を合わせるのが基本ポーズ。さらに、骨で立つことを意識することで、効率よく体幹に刺激を与えられ、代謝もアップ!

Image title

くるぶしの横幅をT字の横ライン、中指をT字の縦ラインに乗るように意識して立つ。

Image title

親指と小指をつなげると、余計な力が入らず、エクササイズの効果を引き出すことができる。


 左右7回 1セット 

手首ひじブラブラ

ひじは手首よりも体幹に近いため、肩まわりの柔軟性がアップ。慣れたら腕の向きを反対に。

Image title

ひじを押さえて腕を前へ下ろす

右手で基本ポーズを作り、左手の親指と小指で腕のひじの骨ばった部分を押さえる。このとき右手の手のひらは顔に向ける。

そのまま前方へ腕を下ろす。反対側も同様に。


【次のページをチェック!】ここからが本番! 骨ストレッチで体を無駄なくシェイプアップ》》

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN