世に溢れる様々な日焼けについてのウワサ。ウソかホントか分からないまま鵜呑みにしていると、せっかくのUVケアもムダになっちゃうかも!? そこで、美容感度の高いマキア公式ブロガーに、日焼けに関する疑問を調査。友利先生が医師の立場からお答えします!

日焼けの常識1

教えてくれたのは
友利新先生

内科・皮膚科医

友利新先生

沖縄県宮古島出身で、当時から美白一筋という筋金入りの白肌美人女医。テレビや雑誌の他、医師の立場から美容や健康に関する様々な情報を発信する公式YouTubeも大好評!

Q1.朝、美容オイルを塗ると日焼けしやすいって本当?

UVイラスト9

A1→NO!


美容オイルがしっかりと肌に


浸透していれば心配ありません



紫外線によってオイルが酸化すると油焼けを起こすと言われますが、美容オイルがきちんと肌に浸透していれば大丈夫。万が一ベタベタに肌についていれば、油焼けする可能性もゼロではありませんが、基本的に美容オイルは肌になじむ処方になっているので問題ありません。

Q2.朝、フルーツを食べると日焼けしやすくなるって本当?

A2→


どうしても気になる人は


柑橘類を避けましょう


柑橘フルーツを一度に大量に摂取しなければ問題ありません。柑橘類には、紫外線の吸収を高めるソラレンという成分が含まれているものがありますが、影響を与えるほど多く含まれているわけではないので、過度に心配する必要はありません。どうしても気になる人は、朝に食べるのは避けましょう。

Q3.白い日傘と黒い日傘では、日焼けの仕方に差が出るって本当?

UVイラスト10

A3→NO!


UVカット加工されていれば


色による日焼けの差はなし!


基本的に日傘にはUVカット加工が施されているので、色によって日焼けの仕方が変わることはありません。UVカット加工がされていない傘の場合は、白よりも黒の方が直射光や照り返しも吸収してくれるので、紫外線を防止する効果が高くなります。

Q4.目から入った紫外線によって肌が日焼けするって本当?

A4→


マウスでの実験ではYES。


眼病予防に目も保護して


マウスを用いた実験では、目に紫外線を当てた結果、全身が日焼けすることが確認されていますが、今のところ人間で同じことが起こるかは分かっていません。ただ、長時間瞳が紫外線を浴びると、失明の可能性を含む様々な眼病リスクが上がるので、UVカット加工されたメガネやコンタクト、サングラスなどで目も守りましょう。

Q5.ボディ用の日焼け止め、洋服の下は塗らなくてもいい?

UVイラスト11

A5→YES!


洋服+インナーでブロック


されていれば大丈夫!


薄いTシャツ1枚で炎天下に長時間いれば、日焼けする可能性もゼロではありませんが、たいていは下着やキャミソールなどで何重かにブロックされているので、洋服の下まで日焼け止めを塗る必要はありません。ただし、首の後ろやデコルテ、腕など、服との境目はうっかり日焼けしやすいので、服のやや内側まで日焼け止めを塗って。

Q6.朝はビタミンC配合のスキンケアは使わない方がいいって本当?

A6→NO!


ビタミンCは美白にマスト!


朝から積極的に取り入れて


これはビタミンCを多く含む柑橘類に、ソラレンが含まれていることから来た誤解でしょう。逆に、ビタミンCは高い抗酸化作用やターンオーバーをうながす効果が期待できるので、積極的に朝のスキンケアや食事、サプリなどで取り入れることがオススメです。

Q7.紫外線をカットしすぎると、骨がもろくなるって本当?

UVイラスト12

A7→YES!


極端に紫外線を避ける生活は


骨粗しょう症などの原因に


日光浴にはカルシウムの吸収を助けるビタミンDを効率的に生成し、丈夫な骨を作る力があります。夏なら5~10分、日に当たれば、1日に必要なビタミンDが生成されると言われています。それでもどうしても日に当たりたくないという人は、サプリなどでビタミンDを補給しましょう。

Q8.日焼け止めとSPF値が高い化粧下地を重ねると、単体で使うよりも効果的?

A8→


単純計算で紫外線防止効果が


上がるわけではありません


例えばSPF10の日焼け止めと、SPF20の化粧下地を重ねた場合、単純にSPF30になるわけではありません。紫外線の防止効果は塗った量に比例するので、厚く重ねれば効果は上がりますが、その分、メイク崩れもしやすくなります。それよりもムラなく日焼け止めを塗り、コマメに塗り直すことを心がけましょう。

Q9.紫外線吸収剤を配合している日焼け止めって肌に悪いの?

UVイラスト13

A9→NO!


現在は肌に負担が少ない吸収剤が


ほとんどなので、過度な心配は無用


確かに昔は肌に悪い吸収剤もありましたが、現在は肌に負担の少ないものがほとんど。UV防止には、スポンジのようにUVを吸収して無毒化する吸収剤の他に、白色顔料でUVを跳ね返す散乱剤がありますが、最高値のSPF・PAと使用感のよさを実現するには散乱剤だけでは難しいと言われています。それでも肌荒れが気になる人は敏感肌用を。

Q10.皮膚科医が普段やっているUVケアが知りたい!

A10


とにかく日焼け止めを塗る!


これが私にとって一番の予防策


日焼けをしたあとならL-システインやトラネキサム酸などのサプリや、高濃度のビタミンC点滴なども効果的ですが、まずは日焼けしないことが一番。子供がいると日傘をさすことも難しいので、とにかく日焼け止めを忘れずに塗る、そしてコマメに塗り直すことが私の最大の防御策です。

世に溢れる様々な日焼けについてのウワサも、真偽を見分けることでより効率的にUVケアができます。正しい情報にリーチしながら、今年の夏こそ白美肌を目指そう!

イラスト/いいあい 文/石松アミ 編集/村上亜耶

share