美人顔の条件「左右対称」シンメトリー顔を実現するメイクテクを考える。

メイクアップ
いいね! 0件

美しい顔の条件を考えたとき、


ぱっちり大きな目、筋の通った高い鼻、ぷっくり色っぽ唇・・・

パーツそれぞれの美しさに目が行きがちだけど、私的に重要ポイントだと感じるのが、顔の左右のバランスが整っていること

理想の「左右対称」シントリー顔を目指して、顔の歪み矯正のために整体や骨気など専門サロンに通われている方も多いはず…。


私も物心ついた頃から、自分の顔が左右非対称であることが コンプレックス

中でも特に気にしているのが、左右 目の大きさの違い。

(眉や目、口角の高さが左右で違い、歪みがあるのもすーっごく気になりますが・・・(>_<))


Image title

(↑写真向かって 右目、左目。(セルフィー写真なので、鏡に映った状態。左右はそのままご覧ください。)右目のほうが、左目に比べて大きい…。)


(かなり昔の話ですが…(ーー;)) 写真館で成人式の記念撮影をした時、自分の写真を見て明らかに左右の「目」の大きさが違うことに愕然…。

以来(まずは手っ取り早くメイクで)少しでも左右目のバランスを整えようと試行錯誤を始めました。

人それぞれ目のかたちは様々、目の左右対称でないパターンも様々ですが…

私の場合、左右の目そのもののサイズ、(両目とも二重だけど)二重の幅、まつげの長さ・毛量が違います。(しかも体調が悪い時ほど、左右目の違いが大きくなる気がする…。↑上の顔写真はかなりマシなほうです。。)

右目のほうが大きく、
メイクでは、小さいほうの(左)目を、大きいほうの(右)目にそろえる工夫をしています。




以下、普段のメイクで私が心がけている 「左右対称」を実現するアイメイクのポイント3つ、まとめてみました。




【縦の目幅を広げる】アイシャドウの塗る幅がポイント。

上まぶたキワに塗る締め色(濃い色)目の下キワに塗る色がポイント。左右の目に違いを持たせて塗っていきます。


Image title


より大きく見せたい左目側の上まぶたキワに塗る締め色を、右目に比べて少し幅広に、濃いめに塗ります。締め色を、二重ラインいっぱいに色をのせ、左目のみ二重ラインから若干はみ出す程度に…。また重ね塗りをして、ほんの少し濃くします。

(ちなみにこの方法は、以前スックカウンターでフルメイクしていただいたとき、左右の目のバランスをとるためスックアーティストさんもされていた方法〜)

左右のせた色の濃度に違いがあることは、白黒加工してみたこちらの写真が分かりやすいかも…。いかがでしょう?↓↓↓

Image title

(↑写真 上:アイメイク前、下:アイメイク後)

さらに、
目の下キワに塗る色も、左目側を、より幅広に(太めに)に塗ります。
いわゆる涙袋カラー、肌に溶け込んで適度な光感のみを残す色を選べば、より自然に…。(あまり白色が際立つ色はNG〜。)



↓使用アイシャドウは、上記プチプラ♪「ヴィセ ヌーディリッチ アイズ BE-04」の一番下の色と、② M・A・C「スモールアイシャドウ バニラ」。

Image title




「左右対称」を実現するアイメイクのポイント さらに もう2つ は次ページにて ≫≫



RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN