Image title

Image title


大人な美人顔に見せるチークテク【伊藤千晃のBijyo Diary】

メイクアップ
いいね! 29件

チークは入れる順序が、実はとても大切です。そこで今回は、切れ長に仕上がった目元印象をぐっと引き立てるチークの入れ方をレッスン。2ステップで若々しい印象も手に入るマジックテクです。
Image titleチークの入れ方で顔型をコントロール
「チークは血色が欲しい場所に入れるというより、ほのかな血色を与えつつ、チークの入れ方で顔型をコントロールしていくことが重要。大切なのは、頬骨に沿ってキュッと斜めに引き上げる工程。このひと手間で、ぐんと大人っぽく色っぽくキマります」(森さん)
Image title①肌にすっとなじむなめらかなテクスチャーが特徴。大人っぽい血色を盛り込めるローズがかったこんな色がこの秋の本命。コントゥア的な使い方もできてとても便利。
プリズム・ブラッシュ 06 ¥6300/パルファム ジバンシイ

Image title

【STEP1】
頬の中心から放射状に広げるように

①のチーク2色をブラシで混ぜて使用。まず最初に頬骨の高いところから斜め上・横・斜め下の順で放射状に広げるようにチークをのせます。色より質感やニュアンスを加える気持ちで行って。

【STEP2】
仕上げは頬骨チークでキュッと引き上げる

次に頬骨から耳の上に向かってすーっとのせる。この工程で顔がキュッっと上がり、大人っぽさと色っぽさが上昇。
①のようなややくすんだローズカラーを使うと、コントゥア的な役割も果たしてくれます。

次は、口紅1本でイメージを激変させる森さん流のリップの塗り方をご紹介します。お楽しみに。

ワンピース¥26000/UNITED TOKYO カスタマーサポート ピアス(参考商品)/アンビエント
撮影/資人導(vale.) モデル/伊藤千晃 ヘア&メイク/森ユキオ(ROI) スタイリスト/立石和代 取材・文/通山奈津子


「伊藤千晃のBijyo Diary」ブログ一覧はこちら>>

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN