トップアーティストが新作コスメを使って提案する、この秋いちばんのハッとするフェイスとは? 今回は河北裕介さんのメイクを「MAQUIA」11月号からご紹介します!

Image title

河北さんの考えるハッとする女とは…

Image title

Image title

提案するのは、なんてことのない毎日にドラマを生む女らしさとカッコよさをミックスしたネオ・目力メイク。「ポイントは、いつもの黒ライナーを、深い濃紺のシャドウラインに変えるだけ。瞳がもっとも美しく見える二重幅ぎりぎりを狙ってライン状に太く引けば、新鮮な表情に出会えるはず」(河北さん)

Image title

【次ページをチェック】濃紺ラインが視線を奪う、河北流・秋メイクのHOW TOをレクチャー≫≫

Image title

Image title手持ちのベージュシャドウをアイホールに塗り、パレットの左から2番目のブルーをチップにとり、目頭から目尻にかけて二重幅より少し幅狭めの太さで平行&切れ長に引く。ラインの上部分だけ、綿棒でぼかす。マスカラは根元だけ絡ませるよう塗って、あとはさらり。眉は眉頭を強めのタッチに。

Image title

肌にフィットする、しっとり質感。クレ・ド・ポーボーテ オンブルクルールクアドリ n 312 ¥5000・ケース別売¥2500/資生堂インターナショナル

Image title


2 目力は出るのに、ダマのない仕上がり。資生堂 フルラッシュ ボリュームマスカラ BK901 ¥3800/資生堂インターナショナル 

3 なじむ眉色。マキアージュ ラスティングフォギー ブロー 限定セット BR600 ¥1200(編集部調べ)/資生堂(限定品)

Image title

Image title

眼差しに強さがあるから、頬と口元は引き算で。頬はノーチーク、リップはツヤも色も主張のないピンクベージュを直塗り。

Image title

品の良さが香る、温かみのあるピンクベージュ。資生堂 パーフェクトルージュPK354 ¥3500/資生堂インターナショナル

Image title

MAQUIA11月号

撮影/中村和孝〈まきうらオフィス〉(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/河北裕介 スタイリスト/SHOKO モデル/小嶋陽菜(マキアモデル) 取材・文/中島 彩(MAQUIA) 企画・構成/木下理恵(MAQUIA)


【MAQUIA11月号☆好評発売中】

≪関連リンクはこちら≫

★【こじはる、ちょっぴり毒を感じる】都会的なセクシースリットスタイルに挑戦!≫≫


大人可愛く色っぽく! 【恋させメイク術10本勝負】≫≫

MAQUIA書影

MAQUIA2020年11月21日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。1月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share