衝動買いしたものの、実際に使ってみるとイメージと違っていたり、難易度が高かったり…。お蔵入りしているパレット、ありませんか? 「MAQUIA」1月号から、そんなタンスの肥やしパレットをスタメンに復活させる使い倒しテクをご紹介します。

眠っていたラメ&グリッターをスタメンに! お蔵入りパレットを復活させるワザ_1

眠っていたアイシャドウ、今日からヘビロテできる
「タンスの肥やしパレット」で旬メイク1×3

教えてくれたのは…
paku☆chanさん

ヘア&メイクアップアーティスト

paku☆chanさん

Three PEACE所属。繊細なテクニックと似合わせ理論で、トレンドを牽引。

華やかな光沢感で旬の目もとに
ラメ&グリッターパレット
指塗りで輝きを最大限に活かすのがポイント。単色塗りで美しく!

眠っていたラメ&グリッターをスタメンに! お蔵入りパレットを復活させるワザ_2

Aパーリィなホワイト Bラメが利いたパープル Cスパークルなブラウンゴールド Dシャイニーなダスティピンク

A パーリィなホワイト B ラメが利いたパープル C スパークルなブラウンゴールド D シャイニーなダスティピンク

1 ラメを淡く重ねてピュアに仕上げて

1 ラメを淡く重ねてピュアに仕上げて

下まぶたのCで目もとを締める
アイホールにラメを密着させるようにAを指でのせ、黒目の上に丸く指でBを重ねる。Cをブラシで下まぶた幅広めに入れて、目もとを締める。


一重・奥二重は…
奥二重はBを黒目の上から目尻にスライドさせるようトントン塗り。一重はAを同じ範囲で、量を減らしてラメを抑える。下まぶたはCを強めに。

2 単色を利かせるバイカラーメイク

2 単色を利かせるバイカラーメイク

上下まぶたにAとBを単色塗りで遊び心を
二重幅にBを指で広げて、さらに黒目中央に重ね塗りして発色を高める。下まぶた全体にチップでAを点置きしてラメ感強調。


一重・奥二重は…
奥二重はBを目尻から中央に向かってのせ、目尻を強調させる。一重は目尻のみ指で丸くスタンプ塗り。奥二重も一重も下まぶたは基本と同じでOK。

3 違う色で囲んでカジュアルに

3 違う色で囲んでカジュアルに

指塗りでCとDの発色を高め自然な陰影を
上まぶたのキワにCを指でのせ、アイホールまで塗り広げる。下まぶたもDを指でポンポンと足してラメと発色を意識。


一重・奥二重は…
奥二重はCを上まぶたの目尻のみにON。下まぶたは基本のメイクと同様に。一重は目を開けた状態で、広めにCをプラス。下まぶたはDで目頭を強調。

 


MAQUIA 1月号
撮影/吉田 崇〈まきうらオフィス〉(モデル) 岩城裕哉(物) ヘア&メイク/paku☆chan〈Three PEACE〉 スタイリスト/黒崎 彩〈Linx〉 モデル/森 絵梨佳 佐藤さき、狩野明日香(マキアビューティズ) イラスト/瀧川裕恵 取材・文/佐藤 梓 構成/横山由佳(MAQUIA)


※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。

MAQUIA書影

MAQUIA2021年9月21日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。11月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share