こんにちは! MAQUIA公式ブロガーのギ☆です。MAQUIA公式ブロガー歴13年目、今年47才になる私が、ちょっとマニアックな大人マキア向け記事を月1回お送りします。

フィックスミスト

トップブロガー

ギ☆

MAQUIA公式ブロガー歴13年目。メイクもスキンケアも、「自分に合うものを見極めて、楽しむ気持ちも忘れずに」がモットー。得意な美容ジャンルはネイルとエイジングケア。

機能は? 使い心地は? 崩れにくさは? フィックスミスト徹底比較

7回目のテーマは【フィックスミスト比較】



夏は汗、皮脂、冷房による乾燥と、1年で最も化粧崩れしやすい季節。
私がメイク崩れを予防するため、やっていることは、


✔ メイク前にティッシュで軽く押さえ、残ったスキンケアの水分油分をオフ。(特に汗をかいてるときは保冷剤をティッシュで包んで使うと効果的。)
✔ 特に崩れやすい鼻周りは、専用下地を使用。
✔ 少なめの下地、リキッド・クリームファンデをスポンジでなじませ、その上にパウダリーファンデをブラシでポンポンと重ねる。
✔ ハイライトやシェーディングもパウダータイプに統一。


これだけでも、かなりメイク崩れやマスクへの色移りを防げます。さらにご紹介するフィックスミストを正しく使用すれば、鬼に金棒。今回はこの4アイテムを徹底比較。それぞれ全く異なるタイプなので、あなたに合うフィックスミストを探す参考にしてみてください。

フィックスミストを徹底比較!40代・乾燥肌が人気4アイテムをお試し_2

【1】メイクカバー うるおいミスト
【2】マジョリカ マジョルカ ワンダーフィクサー EX ※ドン・キホーテ限定発売
【3】メイベリン ラスティング フィックス スプレー
【4】コスメデコルテ コンフォート デイミスト セット&プロテクト



この4点を各項目で比較し、総評で目指す肌質や求める機能別のオススメアイテムをまとめました。(※以下、商品名を省略し、ブランド名のみで表記)


    [目次]



    ⒈ フィックスミストの基本情報

    まずは、お値段、容量、成分やテクノロジーを比較。

    フィックスミストを徹底比較!40代・乾燥肌が人気4アイテムをお試し_3

    ※価格は税込
    ※すべて個人調べです

    メイクカバーマジョリカ マジョルカは、皮脂をコントロールする成分配合で皮脂崩れに強いのが特徴。また、メイクカバーは「プロテクトベール成分」、メイベリンは「フレキシブルフィルムテクノロジー」により、肌表面に薄い膜が形成されることで、メイク崩れを予防。コスメデコルテの「メイクフィックス成分」も汗、水、皮脂に強く、化粧持ちを高めてくれる成分です。


    私の場合、汗崩れ皮脂崩れに加え、夏でも乾燥崩れすることがあるので、保湿成分の有無も気になるポイント。メイクカバーコスメデコルテは、その点充実。後述しますが、肌の水分量もしっかりキープできるアイテムでした。

    ⒉ フィックスミストの使用感

    ①噴霧タイプ



    メイクカバーのみがガス式。あとはミスト式です。

    フィックスミストを徹底比較!40代・乾燥肌が人気4アイテムをお試し_4

    広範囲をムラなくカバーできるのはやっぱりガス式。メイクカバーは、薄いベールで覆うように、顔全体をカバーできます。ミスト式でも、コスメデコルテは比較的細かい粒子で広く噴霧することが可能。



    いずれにせよ、顔からの距離を守り(※)、使う都度、スプレー口を拭きとって、ムラ付きを予防することが重要です。
    (※メイクカバー:30cm/マジョリカ マジョルカ:20cm/メイベリン:20~30cm/コスメデコルテ:15cm)



    ②噴霧形状と速乾性



    ワンプッシュを黒いプレートに吹き付けて、経過を見るとこんな感じ。

    フィックスミストを徹底比較!40代・乾燥肌が人気4アイテムをお試し_5

    ワンプッシュだと、最も速乾性が高かったのはマジョリカ マジョルカ。1分後にはほぼ乾いてました。次に高かったのはコスメデコルテ。スプレータイプの写真でも分かるよう、ふんわりとしたミスト状で噴射されるので、2~3分後にはほぼ乾いてます。一見いつまでも残っているように見えるメイクカバーですが、ワンプッシュの噴霧量が多いせい。顔には回しながら使えば、ムラなく薄く吹き付けられ、1分半ほどで乾きます。同じくワンプッシュの量の多いメイベリンは、余分な水分をティッシュで軽く押さえてなじませることをブランドが推奨。ムラ付きしなければ、こちらも1分半ほどで乾いてくれます。


    マジョリカ マジョルカは、「化粧水状おしろい」というだけあって、白いパウダーが残ります(髪の毛や洋服に付着しないよう注意!)。他の3点がスプレー後、触らず自然乾燥させるのに対し、これだけは手のひらでフィットさせることが必要。


    なお、このプレートをウェットティッシュでふきとった際、一番落ちにくかったのはメイクカバー。その分メイクのキープ力も強いので、しっかりクレンジングすることが大切です。



    ⒊ フィックスミストの美容効果・機能

    ①質感と保湿力



    肌の質感に与える影響を「5分後」と「半日後」で比べてみました。いずれも同じベースメイク(UVクリーム+BBクリーム+パウダリーファンデをブラシ付け+フィニッシングパウダー)で、「半日後」はマスク着用の上外出、小1時間歩いてひと汗かいた状態。飲食後、リップのみ塗り直してます。

    フィックスミストを徹底比較!40代・乾燥肌が人気4アイテムをお試し_6

    ※蛍光灯の下で、デジタル一眼レフの自動モードで撮影。

    マジョリカ マジョルカメイベリンは、乾いた瞬間からマットな質感をキープ。マジョリカ マジョルカは、「化粧水状おしろい」でお粉を使ったかのような仕上がり。毛穴も目立ちにくくなりました。崩れやすい鼻周りのメイク崩れまで、一番防いでくれたのはメイベリン。ただ、2つとも乾燥を感じ、実際スキンチェッカーで測った肌の水分量も低い数値だったので、念入りな朝のスキンケアが必須です。逆にグロウな質感になるのはコスメデコルテ。1日艶やかな肌をキープでき、肌の水分量も理想値。メイクカバーは、ベースメイクの質感や水分量にほぼ影響なし。ベースメイクに影響を与えることなく、仕上がりを長時間維持したい方には最適です。



    ②メイクフィックス力



    腕に「クリームファンデ」「アイシャドウ」「口紅」を塗って、各アイテムを吹きかけ、5分後のメイクフィックス力を比較してみました。

    フィックスミストを徹底比較!40代・乾燥肌が人気4アイテムをお試し_7

    コスメデコルテは、適量が「顔全体に10プッシュ」と多めなので、2プッシュ使用。それ以外は1プッシュ。

    いずれも、何も付けなかった場合と比べ、特にアイシャドウ、ファンデの落ちを防ぐことができました。(ただファンデは条件を揃えたつもりでも、量やなじませ方に差が出るので、その影響が出やすいかも。参考程度にご覧ください)。アイシャドウとファンデの色落ちが一番少なかったのがメイベリン。次がメイクカバー。この2つはアイシャドウのラメ落ちもゼロでした。
    リップはどうしても色移りしやすいので、私の場合フィックスミストに頼らず、マスクをする前に一度ティッシュオフするようにしています。



    次に、ティッシュだけ並べてみました。

    フィックスミストを徹底比較!40代・乾燥肌が人気4アイテムをお試し_8

    クリームファンデだけだと、かなり色移りしてしまうので、マスクメイクではルースパウダーなどで押さえることは必須。私は、最初に書いたように「少なめのクリームファンデをスポンジでなじませ、その上にパウダーファンデをブラシでポンポン重ねる」というプロセスを踏んでいるので、かなり色移りが抑えられてます。(普段はツヤ肌にしたくて、クリームファンデに軽くルースパウダーを重ねるだけ。これだとかなりマスクにファンデが付いちゃってました)。



    ③その他美容効果



    メイクカバーは、パラベンフリー、シリコンフリー、無鉱物油、無香料、無着色ヒアルロン酸などの保湿成分の他、植物由来成分もたっぷり。これ自体の保湿効果は分かりませんでしたが、夏の間は汗で敏感肌に偏ることが多いので、刺激可能成分が少ないのは嬉しい限り。私の場合、最も保湿力を感じることができたのは、コスメデコルテ。さらにコスメデコルテは、大気中の微粒子(ちり・ほこりなど)からもお肌を守ってくれます。メイクカバーメイベリンも、肌表面に薄い膜が形成されるタイプなので、この効果は期待できそう。

    そして今回実感したのは、メイク崩れが少ないということは、UVクリームの効果の持続にも有効だといういこと。汗を大量にかいてベースメイクの崩れに気付くたび「しまった、焼けたかも!」と後悔していましたが、それが減ったのは実は最大の美容効果といえるかも知れません。

    総評

    フィックスミストを徹底比較!40代・乾燥肌が人気4アイテムをお試し_9

    メイクの段階でなるべく崩れ予防をした上で、各商品を正しく使えば、どれも確かな効果が得られます。簡単にムラなくスプレーできるのは、やっぱりガス式。このタイプのメイクカバーは、ベースメイクにこだわりがあり、質感をフィックスミストで変えたくない人にも最適。

    マジョリカ マジョルカ
    は、珍しいおしろいタイプで、日焼け止めだけで過ごすときにプラスすると、他にはない美肌見せができるのが特徴。ならではの可愛いボトルも魅力です。メイクフィックス力で選ぶならメイベリン。ドラッグストアやバラエティショップでの取り扱いが多く、外出先でメイク崩れが心配になったとき、気軽に購入できるのも嬉しい。コスメデコルテは、ガス式ではないのに、ふんわりとしたミストが噴出されるのはさすが。フィックスミストにありがちな乾燥もないし、ツヤ肌キープができるので、冬でも使いたいアイテム。アロマティックグリーンフローラル調の香りにも癒されます。




    【まとめ】


    メイク女子の前に「メイク崩れ問題」に加え、「マスクへのメイク移り」という新たな難題が立ちはだかった今年の夏。せっかくのメイクが崩れることも大問題だし、オシャレな布マスクが汚れてしまうのも悲しい。フィックスミストは、これらの問題の解決してくれる救世主的アイテム。使わない手はありません。この記事が、あなたに最適なフィックスミスト探しに役立つことができたら、嬉しいです!

    また次回の記事もお楽しみに!



    ※記事内容は個人の体験に基づくものであり、すべての方への効果を保証するものではありません。

    share