Image title

花粉やウイルス対策に欠かせないマスク。着けているときは気づかないけれど、マスクを外した瞬間、湿気や摩擦でメイクがヨレヨレ……。せっかくメイクしたのにすっぴんかのような崩れ具合に、がっかりします。メイクの崩れを回避する方法ってありませんか??

教えてくれたのは…

Image titleヘア&メイク長井かおりさん

Profile / ながいかおり。『MAQUIA』をはじめ、美容誌、TVなど多数のビューティメディアで活躍するヘア&メイクアップアーティスト。誰でも簡単に美しくなれる独自のメイクテクニックに定評があり、イベントや監修に携わる。『必要なのはコスメではなくテクニック』(ダイヤモンド社)、『世界一わかりやすいメイクの教科書』(講談社)など、著書多数。

いつものメイクだと…

Image titleマスクの中が蒸れたり、マスクがあたって、ファンデーションはすぐにヨレヨレで色むらが目立つ状態に。チークもリップもこすれてはげてしまい、マスクを外したらメイクをしているのにすっぴん感が!


長井的POINT!

「スポンジでファンデーションの密着度を高めて!」

Image titleマスクを外したときのヨレを回避するには、とにかく蒸れても崩れにくい鉄壁ベースをつくること! 皮脂崩れを防ぐ下地で凹凸をフラットに整えてから、濡らしたスポンジでプレスするようにファンデーションを塗って密着感を高めましょう。さらに、チークはパウダーの前にのせ、パウダーを重ねてふたをすると、崩れにくくなりますよ。

鉄壁ベースにはスポンジが大活躍!

Image title「スポンジでファンデを塗ると均一に圧がかけられ、密着感が高まるので、崩れにくさを求めるならスポンジ使いがおすすめ!」長井さんが長年愛用している万能なスポンジ。大きめサイズで厚みがあり、すべての面がふわふわ。ロージーローザ バリュースポンジダイヤ 6P ¥380/ロージーローザ

鉄壁BASE MAKE
使ったコスメはこちら 

Image title おしろい効果で日中のテカリや毛穴を自然にカバー。肌に透明感を与える、下地がいらない朝用乳液。エリクシール ルフレ バランシング おしろいミルク SPF50+·PA++++ 35g ¥1800(編集部調べ)/資生堂

軽やかなつけ心地なのに毛穴や凹凸を均一にカバー。肌にピタッと密着してツヤ肌が続く。メイベリン SP クッション ウルトラカバークッション BB SPF50+·PA+++ 全2色 ¥2400(編集部調べ)/メイベリン ニューヨーク

ふわふわの微粒子ルースパウダー。毛穴を自然にぼかして、ファンデーションのヨレや崩れを防ぐ。かさつかず、上品な肌に。セザンヌ うるふわ仕上げパウダー 01 ルーセントベージュ ¥780/セザンヌ化粧品

仕上げにメイクの上からスプレーするだけで、メイク崩れを防ぐ。軽いつけ心地でうるおい感もプラス。メイベリン ラスティング フィックス スプレー ¥1200(編集部調べ)/メイベリン ニューヨーク(4月25日発売)

POINT MAKE
使ったコスメはこちら 

Image title オイルをまとったパウダーでうるおったようなツヤを演出。女性らしい印象に仕上げるカシスローズ。コフレドール スマイルアップチークスN 04 カシスローズ (専用ブラシ付) ¥2300(編集部調べ)/カネボウ化粧品

見たまま高発色のリップカラー。マットな仕上がりの落ちにくいティント処方。やさしい印象に仕上がるローズ。キャンメイク リップティントマット 03 ローズ ¥650/井田ラボラトリーズ

Process

Image title1.たっぷりスキンケアして肌をモチモチに整えたら、ティッシュで肌を軽くおさえて湿り気をオフする。

Image title2.皮脂崩れを防ぐAを両頬、額にうず巻きを描きながらのせ、スキンケアするように両手ですばやく広げる。毛穴に埋め込むように、くるくると鼻まわりなど細部にまで塗り、肌の凹凸をフラットにならして。

Image title

3.ファンデーションを塗る前に、スポンジを水で濡らしてしっかり絞り、さらにティッシュで水分を吸い取って湿った状態にする。“濡れ”スポンジにするとファンデーションの密着感がぐんと高まる。

Image title4.濡らしたスポンジにBを含ませ、スポンジをすべらせるように顔全体に薄く均一に広げる。毛穴やクマなど、気になるところはファンデーションを塗り重ねて。最後に、きれいなスポンジ部分で押しつけるように軽くタッピングすると、より密着感がアップする。

Image title

5.Eのチークはブラシを押しあてるように塗る。このあとパウダーを重ねるので、やや濃い目にのせて。Image title

6.Cのパウダーを肌にのせる前に、パフにしっかり含ませるのがコツ。パフをくしゃくしゃっとしっかりもみ込んで、パウダーを行き渡らせるとムラなく塗れる。

Image title7.テカリやすいTゾーンや毛穴が目立つ頬など、広い部分はパフをすべらせずに、軽く圧をかけるように押しあててピタッとのせる。鼻まわりや目の下、まぶたなど細かい部分にも軽くプレスするようにパウダーをのせて崩れを防ぐ。リップはFのティントタイプを唇全体に塗り、仕上げにDを吹きかけ、崩れを防止して完成。

Image title

下地でぴたっと皮脂を防いでから、ファンデーションもチークもきゅっと軽く圧をかけるようにのせ、しっかり密着させるのが崩れを防ぐコツ。ちょっとした工夫で崩れにくくなるので、ぜひ試して!





撮影/押尾健太郎(モデル)、久々江 満(静物) ヘア&メイク/長井かおり モデル/ぇりっこ(マキア公式ブロガー) 取材・文/佐久間千絵 構成/佐藤 陽(MAQUIA ONLINE)

※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。

2020年5月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。7月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share