「MAQUIA」3月号では、新作アイパレットを使った春メイクを詳細解説。キスの1500円パレットは、シアーな色づきと濃過ぎない締めブラウンで、オフィスメイクに大活躍!

Image title

プロの色使いをマネできる♡

ALL春新色パレットで作る、
見たまま簡単アイレシピBOOK

「華やかなパレットを最大限使いこなしたい!」の声に応え、プロが教えてくれたテクを惜しみなく紹介。目が離せない春色メイクをさぁ、今日から。


Image title

オフィスでの好感度大
爽やかグラデEYE


Image title

グリッター、パール、マットと質感違いの4色がin。重ねる順番を変えてニュアンスの異なるメイクを楽しめる。キス レイヤードアイズ 02 ¥1500/KISSME(伊勢半)(2/12発売)


Image title

ほどよい軽さの締め色が秀逸な、ライトカラーから中間色までのパレット。全色でグラデを作ってもコンサバになりすぎず、春らしい爽やかなムードにまとまる。

一重、奥二重さんは

奥二重タイプは、Dで目尻から2mmラインをのばす。一重タイプは変更点なし。


Image title

HOW TO MAKEUP

Image title

きらめきベースで発色をサポート

指で、上まぶた全体と下まぶたにAをのばす。肌のトーンを明るく整え、グラデをキレイに見せる用意。


Image title

透け感ブラウンでほんのり立体感を

アイホールにBをのばす。シアーでほどよいパール感のあるブラウンは、まぶたに軽い陰影を与える。


Image title

アクセントカラーを二重幅にオン

赤みブラウンのCを二重幅にのばす。さらに陰影が濃くなり、端正な印象の目元に。


Image title

締めのラインは軽くでOK

細いチップにDを取り、上まぶたのキワにラインを。淡い発色の締め色だけを使うことで、軽く仕上げる。



MAQUIA 3月号

撮影/菊地泰久〈vale.〉(モデル) 橋口恵佑 富田 恵(物) ヘア&メイク/KUBOKI〈Three PEACE〉 スタイリスト/高野夏季 モデル/鈴木えみ(マキアミューズ) 千葉由佳、福吉真璃奈(マキアビューティズ) 取材・文/風間裕美子 谷口絵美 佐藤 梓 構成/萩原有紀(MAQUIA)

※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。


【MAQUIA3月号☆好評発売中】

MAQUIA書影

MAQUIA2021年7月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。9月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share