圧倒的な人気を誇った花組の男役トップスターの素顔とは? 「MAQUIA」5月号では、昨年11月に宝塚歌劇団を卒業した明日海りおさんにインタビュー。今の心境と未来への思いを語っていただきました。

Image title

宝塚退団後初! 最速インタビュー

新しいステージへ。
ありのままの、明日海りお

舞台に立つ彼女から放たれる唯一無二のオーラにどれほど魅了されたことか――。圧倒的な人気を誇った花組の男役トップスターから、昨年11月に宝塚歌劇団を卒業して4カ月の今の心境と、未来へとつながる思いを語っていただきました。


RIO ASUMI

静岡県出身。2003年、宝塚歌劇団に入団。2014年、花組のトップスターに就任し、5年間にわたり宝塚人気を牽引。 近日公開を予定しているディズニー映画『ムーラン』のヒロインの声優に初挑戦。本格的な女優デビューに期待が集まる。


「今」を語るKEYWORD

肌 HADA

肌をマットにするか? ツヤをだすか? オークル系にするか? 華やか系にするか? それによって見え方が違ってくるので、在団中は地をつくるところから研究をしていました。年代、髪とのバランス、衣装の色合い、 演出家の先生のイメージなどとすり合わせて考えることも好きでした。自分のコンプレックスが目立たなくなるように伝統的な男役メイクに倣いつつ、自分なりのオリジナルのメイクを日々研究。メイクは、以前も今も大事にしています。


心 KOKORO

男役としては背が高くないことをコンプレックスに感じ、悩んだり不安に思っていたこともありました。でも、それを自分自身で打ち砕きたかった。いろいろ考えることも好きだったので、内面を磨き、見せ方を工夫して、自分なりの男役像を構築していけたらと思っていました。昔から、自分に対して負けず嫌いで頑固なところもあるんですが、自分のことも、相手や周囲のことも、ありのまま受け入れることを宝塚で学びました。


体 KARADA

毎日ベストのコンディションでいようと以前から、いろいろ試してきました。むくみそうだなと感じたら、よもぎ茶を飲んだり、カリウムを豊富に含むバナナやアボカドを食べるようにしたり。ご飯を酵素玄米にしていたこともあります。でも、トップになって年数がたつにつれ、私は風邪なんてひいている暇はないんだ、と自分に言い聞かせるようになりました。結局、気持ちを強く持つことが、体調を保つ上でいちばん大きかった気がします。


「いつも「自分らしさとは?」と自問自答していた宝塚時代。
男役を愛して、突き詰めて、卒業した今。
まっさらな明日海りおになったけれど「真っ白」ではない。
目の前に色とりどりの絵の具があって、どの色を選ぼうか、
どんな絵を描こうかワクワクしている感じです。」



MAQUIA 5月号

撮影/富田眞光〈vale.〉 ヘア&メイク/平山直樹 スタイリスト/三浦真紀子 取材・文/倉田真由美


【MAQUIA5月号☆好評発売中】

2020年5月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。7月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share