「MAQUIA」8月号では、独自の美意識で美を追求する4人の美女にクローズアップ。今回は、宝塚時代から大のメイク好きという美弥るりかさんにインタビュー!

宝塚時代から大のメイク好き! 美弥るりかさんがこの夏したいマニッシュメイク_1

誰のためでもない自分の心地よさのために
やっぱり私、美容が好き!

家時間を過ごす機会が増え、日々のメイクやケアへの向き合い方を見つめ直した人も多いはず。そこで独自の美意識を持つ4名に、美容に対する今の思いを改めて語ってもらいました。 


軽やかにジェンダーを行き来する
新時代のスター

美弥るりかさん
「宝塚時代から大のメイク好き。役作りのツールであるのと同時に、自分を表すプロフィールでもあると思っています。今は男役の頃はできなかった色使いにも挑戦できるので、コスメ愛がさらに加速中。ベースも前は作り込むことに必死だったけれど、薄い方が透明感が出て骨格も引き立つとわかって引き算を楽しめるようになりました」

profile
9月12日生まれ。茨城県出身。2003年に宝塚歌劇団に入団。端正なルックスと豊かな表現力を武器に、男役・娘役どちらもこなせる実力派として活躍。2019年の退団後も精力的に舞台に出演し、この春にはYouTube『RURI CHANNEL』もスタート。


今したいメイク
ブルーを効かせたマニッシュメイク
「真っ青なアイライナーは上級者向けの印象ですが、ブルー系が流行している今季なら挑戦しやすいかもと思い選んでみました。黄みのあるグリーンシャドウを二重幅に塗り寒色グラデに仕上げたことで、肌なじみも上々に。目元が強い分、リップは軽やかなヌードカラーが◎」

1ルナソル アイカラーレーション EX05 ¥6200、2同 フラッシュクリエイター EX04 ¥3000/カネボウ化粧品(共に限定品) 3インフィニトリー カラー 18 ¥3200/セルヴォーク 4バイブラント リッチ リップスティック 01 ¥5000/SUQQU 5ネイルポリッシュ EX-32 ¥1500/RMK Division(限定品)

1 繊細なきらめきを凝縮した4色パレット。aを上下のまぶたにのせたらbを上まぶたにチップ幅で広げ、cを下まぶたに重ねる。さらにdを眉下にのせて立体感の演出を。ルナソル アイカラーレーション EX05 ¥6200、2 鮮やかなブルーのリキッドライナーは、目頭から目尻まで平行に入れて。同 フラッシュクリエイター EX04 ¥3000/カネボウ化粧品(共に限定品) 3 頬中央に丸くオン。インフィニトリー カラー 18 ¥3200/セルヴォーク 4 肌の色を選ばず使えるスキンベージュ。バイブラント リッチ リップスティック 01 ¥5000/SUQQU 5 メタリックなシルバーネイルでシャープなムードを表現。ネイルポリッシュ EX-32 ¥1500/RMK Division(限定品)


「性別・美弥るりか」
私だけができる
表現を追求していきたい
「宝塚を退団後、新しい自分をお見せするために選んだのが“ジェンダーフリーな表現者”という道でした。今日の撮影のようにスーツの時は男らしく、ピンクを着たら柔らかい印象に、とジェンダーの幅を楽しむのも今だからできる表現のひとつ。今後も男役とは違う、私だけの表現を追求できたらと思っています。そういった姿や作品を通じて、自分らしく生きるための勇気を誰かに与えることができたら、それほど嬉しいことはないですね」



MAQUIA 8月号
撮影/髙木健史〈SIGNO〉 ヘア&メイク/岡田知子〈TRON〉 スタイリスト/中兼英朗〈S-14〉 取材・文/真島絵麻里 構成/火箱奈央(MAQUIA)


※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。

MAQUIA書影

MAQUIA2021年7月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。9月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share