「MAQUIA」8月号では、独自の美意識を追求する4人の美女にインタビュー。今回は新時代のスター、美弥るりかさんが登場!

誰のためでもない自分の心地よさのために
やっぱり私、美容が好き!

家時間を過ごす機会が増え、日々のメイクやケアへの向き合い方を見つめ直した人も多いはず。そこで独自の美意識を持つ4名に、美容に対する今の思いを改めて語ってもらいました。 


美弥るりかさん
9月12日生まれ。茨城県出身。2003年に宝塚歌劇団に入団。端正なルックスと豊かな表現力を武器に、男役・娘役どちらもこなせる実力派として活躍。2019年の退団後も精力的に舞台に出演し、この春にはYouTube『RURI CHANNEL』もスタート。


心に余裕が生まれて
コスメを楽しむ気持ちが増してきました
「以前はメイクがルーティーン化していた部分があったけれど、外出機会が減ったことで誰かと会う時は楽しく丁寧にメイクをしようと思うように。また家時間が増えて余裕ができ、肌のお手入れにも変化が。ガッツリしたお化粧はしないのでクレンジングを優しいものに変えたり、手間をかけてパックをしたりと、より肌をいたわるようになった気がします」

1コレクチュールエクラプールレジュー 全4色 各¥6000/クレ•ド•ポー ボーテ 2アドバンス ナイト リペア SR コンプレックス II 50ml ¥13500/エスティ ローダー 3enisieグローパック 10回分 ¥18000/リズム

1 肌づくりの要となる万能コンシーラー
「ヨレないし乾燥しない点が優秀。カバー力があるのでこれだけで仕上げることもできるし、パウダーを重ねてもキレイ。まさに万能!」。コレクチュールエクラプールレジュー 全4色 各¥6000/クレ・ド・ポー ボーテ 

2 肌に対する考えを変えてくれた美容液
「20代の頃に出会い、スキンケアに対する意識が変わりました。他のものを使うこともありますが、これだけは今後も使い続けます」。アドバンス ナイト リペア SR コンプレックス II 50ml ¥13500/エスティ ローダー 

3 久々にハマっている炭酸美容
「時間にゆとりができたので、以前愛用していた炭酸ガスパックを再開。混ぜる手間はあるけれど、使うと肌がイキイキします」。enisieグローパック 10回分 ¥18000/リズム


今したいメイク
ピンクだけど甘すぎない
NEWフェミニンメイク
「ピンク系のコスメを使うようになったのは、退団してから。甘い印象になりすぎないように仕上げることがコダワリで、普段はブラウンで締めることが多いですね。今回はピンクシャドウを上下のまぶたに広めに塗り、モード感のある目元に。目を動かすたびにラメが輝き、華やかなムードが夏にぴったり」

1クワッドアイシャドー 5065 ¥5800/NARS JAPAN(8/28限定発売) 2リップライナーインクデュオ 02 ¥2600/SHISEIDO 3リップグラッセ 2020 ¥2600/ローラ メルシエ ジャパン(限定品)

1 エモーショナルなピンクパレットは、美弥さんも「これは買い!」と絶賛。aをアイホールに広げ、bを上まぶたのキワにのせる。下まぶた全体にcを。クワッドアイシャドー 5065 ¥5800/NARS JAPAN(8/28限定発売) 2 ベージュライナーで唇全体を塗りつぶし、トーンを統一。リップライナーインクデュオ 02 ¥2600/SHISEIDO 3 メタリックパールが輝くグロスでセンシュアルな口元を演出。リップグラッセ 2020 ¥2600/ローラ メルシエ ジャパン(限定品)


自分の肉体、心、生活。
すべてと向き合う時間を頂けたという気持ち
「今まで作品には向き合っていたけれど、忙しくて自分のことを考える時間はなかったんです。なのでステイホーム期間は、自分の肉体や心、生活を見つめ直す時間を頂いたと思って大切に過ごしていました。そうやって立ち止まった結果、自分が本当に舞台が好きで欲していることに今一度気づくことができた。とても有意義な時間だったと感謝しています」


コツコツと練習を積み重ね、
パワーアップした姿をお見せしたいですね
「歌やダンスの技術はアスリートと同じで、日々練習を重ねないと衰えてしまうもの。ステージが再開する時にむしろパワーアップした状態をお見せしたいという気持ちから、オンラインのバーレッスンや歌の稽古を続けています。代謝が悪くなると肌の状態にも影響するので、1日1回汗だくになるくらいハードな筋トレも継続中」

マスク生活で表情筋が緩むので、フェイスラインを引き締めるトレーニングも始めました

「ウォーキングする時などは気分が上がるウェアを着るようにしています。マスク生活で表情筋が緩むので、フェイスラインを引き締めるトレーニングも始めました」

愛猫のるっちゃんに見守られながら、家の中で全身を鍛えてます

「ダンスはもちろん、歌や発声にも筋肉はマスト。愛猫のるっちゃんに見守られながら、家の中で全身を鍛えてます」



MAQUIA 8月号
撮影/髙木健史〈SIGNO〉 ヘア&メイク/岡田知子〈TRON〉 スタイリスト/中兼英朗〈S-14〉 取材・文/真島絵麻里 構成/火箱奈央(MAQUIA)


※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。

MAQUIA2020年9月19日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。11月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share