美のプロたちは2020年も美をアップデートし続けます! 新たな一年を迎えるにあたり、よりQOLをあげるために美賢者たちが始めた「これは!」という新美容習慣を、「MAUQIA」2月号からお届けします。

Image title

心地よく、自分らしくあるためにこれ、始めます。
美女たちのひとつだけ、新しいこと


Image title

松本 千登世

その美しさと知性と気品が溢れる独自の美容哲学、繊細な文章に業界にもファンが多数。


「シンプルにしたら動き始める!」

を切るってこんなにも自分を変えることなんだ!って、今さらながら知りました。髪を切り、しびれるほどかっこよくなられたある女優の方に憧れ、真似をしてロングヘアからショートにしました。すると、これまで敬遠していた赤リップがしっくりきたり、ファッションの幅もぐんと広がって……。周りの全てが新鮮に思えたし、「これやってみたい!」という気持ちに素直に行動したら、日常が動き出したんです。あらゆる面で風通しがよくなった今は、もっと多くのヘアアレンジを習得したいと静かに燃えています。

Image title

髪にメイクをして表情を加えます
髪にとってのブローは、スキンケアのようなもの。スタイリング=メイクと考えると、スタイリングで髪に丁寧に表情をつけることの重要性を再認識。


Image title

小田 ユイコ

大人の女性がキレイになれる方法を探し続けて30年、美の目利きとして同業者も信頼を寄せる。


「表現力のある声は全身に効く美容液」

生懸命エイジングケアに励んでも、なんとなく声でがっかりしちゃうことってありませんか。ボイストレーニングは、1度体験したらその爽快感にハマりました。腹式呼吸でお腹からしっかり声を出すことで、血流が良くなり顔のむくみが取れ、身体がふっと軽くなる。肌や髪をケアするように、声もトレーニングすることでハリとみずみずしさが取り戻せるんです。2020年は新たに声の表現力を養うことが目標。自分が心地よいと思う声が出せるようになれば、声が自分自身の美容液にもなるんです。

Image title

目標は自分らしい声を見つけること
ミニー・P先生のレッスンは月に2回。先生に教わった発声法は普段から実践するように心がけることはもちろん、自宅でのボイストレーニングも欠かせません。


Image title

石井 美保

トータルビューティサロンRiche代表。自らの経験をベースにした美容カウンセリングに定評あり。


「朝型の生活にシフトすれば肌は後からついてくる!」

々、夜の方が頭が冴える質(たち)なので深夜4時に寝て8時に起きる生活を続けていました。けれどホルモンバランスの乱れから疲労感や不調が続くようになり、根本的に生活を見直すことに。睡眠時間は7h以上確保し、朝型の生活にシフト。おかげで体調も良くなったし毎日ご機嫌でいられるように。以前の「肌さえキレイだったら何でもOK」という肌ファーストだった頃よりずっと調子がいい。身体が健康なら必ず肌も元気になるって確信が持てたので、2020年も引き続き、朝型生活を徹底したいです。

Image title

韓方サプリでホルモンを整える
韓国に行った際に訪れた『キムソヒョン韓方医』で自分の体質、体調にあった韓方を処方。朝晩飲むことで、身体が疲れにくくなった実感が!


Image title

神崎 恵

母として、妻として、女性として、多面的な女性の魅力を引き出す独自の美容理論を展開。


「自分のブサイクな顔を楽しむ」

な美はもう必要ないと思っているんです。「シワを失くす」「毛穴を消す」といった美にこだわるのではなく、くしゃっとした笑顔のチャーミングさや、仕草など「動」の美しさにすごく惹かれます。だから最近はあえて避けていた動画をSNSにアップしてブサイクな瞬間の自分もさらけ出したり、時には大きな声で「今日はスキンケアさぼります!」って宣言したり(笑)。完璧を求めずに、もっと自由に身近に美容を楽しむこと。2020年は美しさも生き方も柔軟に、かつタフにステップアップさせていきたいですね。

Image title

心からきゅんとする瞬間を大事にする
「女の子は動いている表情の方が絶対に可愛い!」と神崎さん。時には美容をさぼって、こんな思い切った笑顔で過ごす方がより美しさが増すことも。


Image title

安倍 佐和子

スキンケアから代替医療まで幅広い分野に精通し、業界随一の知識人として知られる。


「自分の菌の個性を見極めて、豊かな一年に!」

2020年は「豊かさ」がキーワードになると言われています。美容や健康に関心を持ったり、自分を見つめる時間を増やすことが開運行動に。その一つとして取り組んでいるのが菌活のバージョンアップ。3~4年前から腸内環境の改善には努めてきましたが、最近、検査で自分の菌バランスを知り、菌から自分を知ることで菌への関心を深めています。それにあわせて口腔環境の見直しも。ホワイトニングや歯磨き粉を10種類以上揃えるなど、あらゆる面から菌を見極め、自分自身を見つめ直しています。

Image title

手作り発酵食品で腸内バランスをケア
手作り味噌に、麹菌ウォーターなどの発酵食は以前から積極的に飲んでいます。続けることで、花粉症も軽く、風邪も引きにくくなりました。



MAQUIA 2月号

撮影/押尾健太郎 ヘア&メイク/大野朋香〈air-GINZA〉(石井さん) 工藤由佳〈Un ami〉(神崎さん) 榛沢麻衣 取材・文/轟木あずさ 構成/萩原有紀(MAQUIA)


【MAQUIA2月号☆好評発売中】

2020年5月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。7月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share