やや重めの質感としなやかなウェーブで、しっとりと秋らしく仕上げたミディアムヘア。パーマは毛先のみやや細かめに巻き、自由に動くカールで膨らみをセーブ。さらに髪の黄みと赤みをしっかりと抑えるカラーで、スタイルに透明感を与えています。毛先を軽く濡らしてスタイリング剤をもみ込むだけでキマるから、忙しい朝も楽々! 髪質を選ばずに柔らかく仕上がる、万能愛されスタイル。

Image title

ベースは鎖骨下レングスの重めミディアム。グラデーションカットで丸みをつけ、毛先を毛量調節して動きをオン。毛束をやや細く取って1回転半巻き、髪に優しいコスメ系の薬剤でコールドパーマをかけます。カラーは8トーンのシルクブラウンをベースに、髪の赤みを抑えるフォギーベージュをデザインカラーとして使用。アクセントにラベンダー系の薬剤を加えることで、髪の黄みもしっかりオフ。くすみのない発色で、透明感と柔らかさたっぷりの髪色に。

Image title

毛先にトリートメントオイルをなじませてから、根元中心にドライ。パーマがかかっている毛先は、乾かしすぎるとパサつきやダメージにつながるので注意して。スタイリング剤は柔らかめのワックスやムース、ヘアミルクなど、水分の多いものをセレクト。毛先を再度軽く湿らせてから、スタイリング剤を毛先に優しくもみ込んで完成! スタイル全体を内巻きにせず、顔まわりの毛束をリバースに巻くと、抜け感が出てgood。ナチュラルメイクでも女らしく仕上がる、ムーディなフェミニンヘアを満喫して。


スタイリスト/東 純平(Ramie) モデル/林 めぐみ 文/永田未来(ichigo)

Ramie http://ramie.jp

2017年秋冬 最旬ヘアカタログ

MAQUIA書影

MAQUIA2020年10月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。12月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share