生き生きとした透明感に満ちた肌こそ美しい! 「MAQUIA」5月号では、美容賢者が選んだ「ブライトニング・UVグランプリ」をお届け。今回は、栄えあるベスト・オブ・ベスト大賞を受賞した逸品をご紹介します!

ベスト・オブ・ベスト大賞は「ポーラ ホワイトショットCXS」が獲得!【MAQUIA ブライトニング・UVグランプリ 2021】_1

私らしい肌のために、“美白”のその先へー
ブライトニング・UVグランプリ2021

ベスト・オブ・ベスト大賞

圧倒的なサイエンス力で、新しい領域にまで切り込んできたポーラのホワイトショットが美容賢者の心を鷲づかみ。この受賞には誰もが納得。

ポーラ ホワイトショット  CXS (医薬部外品) 25ml ¥16500

記事が続きます

ポーラ
ホワイトショット 
CXS
(医薬部外品) 25ml ¥16500
1115点


選んだのは…
(五十音順•敬称略。全部門での得点を加算)
安倍 石井 伊藤 鵜飼 岡部 岡本 長田 小田 風間 柏谷 加藤 神崎 木下 倉田 小林 齋藤 佐藤 清田 関本 平 貴子 髙橋 高見沢 巽 谷口 轟木 友利 中島 野毛 野崎 萩原 火箱 深澤 藤井 前野 松井 松本 摩文仁 水井 村岡 森山 山崎 山下 山本 弓気田 横山 吉田昌佐美 吉田百合 若菜


血管領域にまでアプローチし
固着化した色の濁りに挑む
ブライトニングケアをしているのになかなか取り払えない肌の色濁り。その原因は血管領域にあることを解明したポーラ。着目したのは、老化色素「リポフスチン」。これが血管内に蓄積することで血管を濁らせるうえ、血行不良に陥りやすくなることで肌の色に影響を与えることを発見。新たなオリジナル成分配合で、濁りの“3因”にアプローチし、澄みわたる透明感を。


\ここがスゴイ!/
□肌の色に影響する老化色素「リポフスチン」に着目
□メラニン、糖化、血管のガンコな濁りがターゲット
□とろみがありながらもすっと素早くなじむ


「どこまでも透き通るような肌を実現し、本当の透明感に気づかせてくれた目からウロコの逸品。多角的美白ケアが叶う」
ーーー 小林ひろ美さん


「どんよりしていたくすみを晴らし、欲しかった肌の血色さえ感じられるような美しい透明感を叶えてくれた」
ーーー 水井真理子さん


「メラニンや糖化によるくすみだけではなく、血管に蓄積する老化色素という3つのアプローチから切り崩す業界初の快挙」
ーーー 倉田真由美さん


「細胞から血管へと、より網羅的な美白アプローチへと進化。あらゆる“濁り”をクリアにしていく研究姿勢はポーラの本懐」
ーーー 加藤智一さん


「数日で肌の明るさを実感。この目に見える変化がうれしくて、リピートし続けたいと思わずにはいられない」
ーーー 神崎 恵さん

MAQUIA 5月号
撮影/山口恵史(物) コラージュ/Nao/petitoto 取材・文/藤井優美〈dis-moi〉 構成/村岡真知子(MAQUIA)


※本記事掲載商品の価格は、税込み価格で表示しております。

MAQUIA書影

MAQUIA2021年6月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。8月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share