成分や処方をリサーチしながらコスメを独自目線で解剖して、自分の肌で堪能する。そんなコスメ愛に溢れた十和子さんが語る、受賞コスメの新たな魅力とは?

君島十和子 MAQUIA ベストコスメ 2022下半期

十和子さんが愛情たっぷりにナビゲート
受賞コスメの味わい方、教えます

教えていただいたのは…
Towako Kimijima

美容家・FTCクリエイティブディレクター

Towako Kimijima

56歳にして、驚異のハリと透明感あふれる肌をキープ。成分から肌構造まで精通し、あらゆる面から美をとことん追求。

「製品の奥深さを知って肌でじっくり味わえばさらに“効いて”きますよ」

“植物のエキスパートならではの矜持を実感。ハリ感が感動的なクリーム”

ハリケア部門5位
クラランス
スープラ ナイト クリーム N

クラランス スープラ ナイト クリーム N

「植物の選定から抽出、ブレンド、さらには植物の保護まで徹底して考える。植物研究に並々ならぬこだわりを持ってきたクラランスだからこそ、製品すべてにドラマを感じます。このクリームも、ただ優しいだけに終わらず、漲る植物パワーによる肌密度の高まりを実感できる名品。肌のパワーチャージにはこれ!と信じています」(十和子さん・以下同)。全2種 50㎖ 各¥18150

記事が続きます
十和子さん流・味わい方

十和子さん流・味わい方
ゆっくり"引き上げ塗り"が夜の儀式
まず、クリームを手のひらで温めます。片方の手で肌を斜め上へ軽く引き上げつつ、反対の手でしっかり&ゆっくり入れ込むように塗って。

MAQUIA1月号
撮影/天日恵美子(モデル) Kevin Chan(物) ヘア&メイク/黒田啓蔵〈Iris〉 スタイリスト/後藤仁子(モデル) 山本瑶奈(物) 取材・文/中島 彩(MAQUIA) 企画・構成/吉田百合(MAQUIA)


※本記事掲載商品の価格は、税込み価格で表示しております。

ベストコスメ 2022 下半期 TOPへ
MAQUIA書影

MAQUIA2022年11月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。1月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share