今、美容好きの人たちが注目しているのが「たるみケアができる!」と話題のフェイスポインター。人気美容家の石井美保さんも愛用しているらしいという情報もゲット。そこで、フェイスポインター開発者による“より効かせる使い方”や、美容賢者たちの愛用コメントをご紹介します。

美容家・石井美保さんも愛用! ほうれい線・たるみケアができると噂のフェイスポインターって一体なに?_1

石井美保さんが語る、フェイスポインターの魅力

ただいま愛用中!

1976年6月23日生まれ。サンフランシスコ出身。トータルビューティーサロン『Riche』主宰。こすらない肌ケアを提唱するほか、幅広い知識とメソッドを持つ。現在は雑誌をはじめ、幅広いフィールドで活躍中。

石井美保 フェイスポインター愛用

撮影前や日中フェイスラインが気になるときに使用中。
「使い続けたら、顔が一回り小さくなったみたい」



「出会ったのは、約1年前。それから朝の撮影前の移動時間はもちろん、日中疲れて顔がフェイスラインが気になるときにときに使っているのですが、鎖骨や首の後ろをしっかりほぐした後に、こめかみや耳周りをプスプスとプッシュするとシュッと顔が引き上がるような気がします。それだけでなく、表情が動かしやすくなって笑顔が立体的にキレイに。充電や電源がいらない上にコンパクトなので、バッグに忍ばせていつでもどこでも使用していて、1年間使い続けたら顔が一回り小さくなったみたい。美顔器は持っているけどなかなか続かない人や、フェイスラインが気になっている方にも是非使ってみてほしいです」(石井さん)

開発者に聞きました!『フェイスポインター』って何ですか?

鳴海えなさん

B-by-C株式会社 執行役員・商品開発・エステティシャン

鳴海えなさん

エステティシャン歴29年。国際的に権威のあるエステティシャン資格認定の『CIDESCO』(シデスコ)を、25歳で取得し、大手美容商社の美容トレーナーを経てB-by-Cに入社。同社のヒット商品『コアフィットシリーズ』の各製品の開発を手掛けるだけでなく、独自の美容メソッド延べ80万人に供与。2023年に『たるみ帳消し 顔リフト』(主婦の友社)を出版。

一定の圧をかけることで、筋膜の癒着をゆるめてコリをほぐします

「フェイシャルエステを長年行ってきた経験の中で、顔のたるみやゆがみ等を整えるには、肌表面ではなく内側へのアプローチが必須だという結論に至りました。最初にかっさを使用しましたが、一時的に顔のコリが取れて徐々に表情筋が動くようになるものの、持続力がいまいち……。そんなときに、皮膚の上からツボに当てることで筋肉をほぐし、不調を改善するという『てい鍼』という刺さない鍼の存在を知り、それが着想源に。そして完成したのが、このフェイスポインターなんです。肌の奥の筋肉に、1秒に2回のリズムで700gのバネ圧をかけることで、筋膜の癒着をはがしコリを改善老廃物が排出されて、顔の透明感が上がったりむくみがとれるといった効果が期待できます」(鳴海さん)



フェイスポインターで期待できる効果は……
○顔の筋肉が動かしやすくなる
○血流アップし、毛細血管量が増える
○肌や髪のハリ・ツヤがよくなる
○むくみがとれて顔がすっきりする など

コアフィットフェイスポインター

筋膜にアプローチし
顔のプロポーションを整える
加齢と共に現れる顔の悩みの原因が、筋膜の癒着にあることに着目。顔のコリをほぐし、リンパの流れを改善するだけでなく、顔のプロポーションを整えるスティック型美顔器。シングルロッドとトリプルロッドのダブルエンドタイプで、部位によってしっかりと効かせることが可能。
COREFIT フェイスポインター ¥18480/B-by-C

【悩み別】フェイスポインターの使い方

フェイスポインターは持ち方が大事

フェイスポインターの持ち方

押し当てた先がブレないように
ペンを握るように持つ
基本的にはバネ圧を利用して深部にアプローチするため、強い力は不要。ただ、しっかりとピンポイントで当てるために、ブレないようにペンを持つように握ること。

鎖骨の下からアプローチすると顔周りがすっきり

フェイスポインター使い方鎖骨の下

老廃物が溜まりやすい
鎖骨は効果が出やすい! 
老廃物の溜まりやすい鎖骨周りは、効果を感じやすいパーツ。筋肉のついている裏側をはがすイメージで、下や上から斜めに差し込んで。グーッと押し込むのではなく、1秒間に2回のリズムがポイント。同じ場所を20~30回程度プッシュしたら、ポイントを少しずつズラしながら鎖骨を往復するようにプッシュすると、顔全体がすっきりとした印象に。

側頭筋のコリをほぐしてシュッと引き締まった印象に!

フェイスポインター使い方耳の上側頭筋

気になるほうれい線は
顔と一枚皮でつながる頭の
コリをほぐして

耳上の側頭筋が凝り固まると、顔がたるんでほうれい線ができてしまう原因に。このエリアはトリプルロッドを使用し、軽く押し当てながらグルグル回すと、コリがほぐれて血行がアップ。

ほうれい線が気になる人はハチのコリをゆるめて

フェイスポインター使い方ハチほうれい線

グルグルと圧をかけながら
筋肉のコリをほぐして

側頭筋をほぐしてもなかなか改善がみられない場合は、さらにその上のハチが凝っていることが影響していることが考えられます。同じくトリプルロッド側で圧をかけながら、グルグルと回しながら筋肉のコリをほぐして。

頬骨下からシングルロッドを当ててプッシュ

フェイスポインター使い方ほうれい線

頬骨の下から上に定点でプッシュを
小鼻の横と耳を繋いだ中間にある、頬骨下にシングルロッドを当ててプッシュ。頰の肉が気になる人は、反対の手でしっかりと頰を押さえて行うとプッシュしやすい。

美容賢者もフェイスポインターを愛用中

ツボ押しかと思いきや、リンパ節周りの詰まりを改善し、筋肉を緩めるこの美顔器スティック。頬骨下、前肩くぼみ部分、耳後ろ、側頭部、かみ合わせあたりの頬を各20〜30回ずつプッシュしていくのですが、最初は詰まっているところは本当に激痛。不思議なものでしばらくすると普通にプッシュできるようになり、半顔終わるころにはほうれい線が目立たなくなり、目の位置が上がったように感じます。手軽なのでデスクに常備をしていて、気付いたときに“プスプス”していると知らずと小顔になる気がします。この効果、本当に驚きです。

ヘア&メイクアップアーティスト

ナディアさん

肌を摩擦することなく、むくみやたるみケアができるところがお気に入り。頭皮や首筋、耳周りに使うとすっきり爽快! むくんでぼやけたお顔もみるみる引き上がるみたいで、横顔まで美しく、目力のある目元が叶うので本当に手放せません。カバンに入れられるサイズなので、携帯して空いた時間に手軽に使える継続のしやすさも魅力だと思っています。

MAQUIA エキスパート

pinkmimi

愛用して1年半になりますが、ピンポイントで圧を加えて気になるコリをほぐせるので、使用後の満足度が高いんですよね。こまめにフェイスポインターを使っているからか、年齢の割にほうれい線やゴルゴラインが目立たないんじゃないかな?と実感しています。顔だけでなく頭皮や首のケアもできるところも優秀で、フェイスポインターは自らの努力でキレイになっていると感じられるので、ケアをすることで気持ちも上がります。

※本記事掲載商品の価格は、税込み価格で表示しております。
※あくまでも個人の感想で、効果には個人差があります。


イラスト/齋藤よしこ 取材・文/森山和子 構成/中村千夏(MAQUIA ONLINE)


最終更新日:

share