肌にとってもっとも過酷な“魔冬”が到来! そんな不安なシーズンを乗り切るための保湿ケアを徹底分析。髪や頭皮までしっかりうるおすためのコツをプロが解説します!

ブラッシング 乾燥 頭皮 保湿 ヘアケア 頭皮ケア

魔冬の乾燥に立ち向かえ!

冬のうるおいにベストなケア100問100答

教えてくれたのは
慶田朋子先生

皮膚科医

慶田朋子先生

銀座ケイスキンクリニック院長。深い知識と治療経験をもとに美肌の真実を啓発。

山崎まいこ先生

皮膚科医

山崎まいこ先生

まいこ ホリスティック スキンクリニック院長。インナーケアにも精通。

河野伶佳さん

ポーラ PR

河野伶佳さん

コスメ技術を牽引するポーラで、スキンケアの最先端研究を学びメディアに伝播。

くまなく満タンに
全身うるおいケア
ボディや髪の乾燥も見逃せない! 外から塗るだけでなく、食事やサプリで内側からもうるおして。

[頭皮・ヘア]


Q 冬に髪までパサつくのはなぜ?
A 髪も外気の湿度の影響を受けます
髪そのものの乾燥に加え、冷えによる頭皮の血流悪化も原因。髪の毛の代謝に影響します。髪の毛も細胞がきちんと整列していることが、うるおってツヤのある髪の条件。(山崎先生)

Q インバス、アウトバス、よりうるおうのはどっち?
A 内側から補修するならインバス、
表面をしっとり
させたいならアウトバス
それぞれ微妙に目的が違います。インバスは髪内部のダメージを補修し、内側からうるおすもの。アウトバスは見た目をしっとりツヤやかにする、スタイリング剤よりのアイテム。(ヘア&メイク高橋里帆さん)

Q ブラッシングは逆に乾燥するって本当?
A やり方によります
急いで引っ張りながらとかしたり、からまっても強引にブラッシングしたりするとダメージ・乾燥のもと。ゆっくり丁寧にとかすぶんには問題なし。(高橋さん)

Q 頭皮も保湿は必要?
A マストではありません
頭皮は体の他の部位より皮脂分泌が活発。保湿するよりマッサージ等で血流をよくする心がけを。(山崎先生)

頭皮はふだん動かせないので血流が悪くなりがち。マッサージが健康な頭皮への近道。

頭皮はふだん動かせないので血流が悪くなりがち。マッサージが健康な頭皮への近道。

1 ビカッサ ヘッドセラムα 120ml ¥4730/アユーラ 2  ビロードオイル アーバン アーユルヴェーダ 30ml ¥5280/AMATA

頭皮にうるおいを与え、清涼感で柔らかくほぐす。ビカッサ ヘッドセラムα 120ml ¥4730/アユーラ 15種の美容オイル、13種の精油をブレンドした頭皮用オイル。ジーンとする使用感。ビロードオイル アーバン アーユルヴェーダ 30ml ¥5280/AMATA

Q 髪を濡れたまま放置するのはどうしてNGなの?
A キューティクルが傷つきやすくなり
乾燥やダメージにつながります

髪表面のキューティクルは濡れると開きやすくなり、そこに摩擦が加わると壊れてしまいます。中の水分が逃げてパサつきや切れ毛につながります。(河野さん)

Q シャンプーのしすぎは、髪、頭皮を乾燥させる?
A YES
冬に出がちな細かいフケは、洗いすぎによる頭皮ダメージが原因のことが。洗うのは1日1回で十分。ベタつきや匂いが気になるなら、何度も洗うよりもシャンプーを洗浄力強めのものに変えるほうが賢明。(慶田先生)

Q コンディショナーをなじませたあと、
少し時間を
おいたほうがいいの?
A すぐに流してもOK
コンディショナーは髪表面をなめらかな質感にするもの。全体にまんべんなくなじませたらすぐ流してOK。内部に働きかけるトリートメントは時間をおいて。(河野さん)


MAQUIA 1月号
撮影/岩谷優一〈vale.〉(モデル) ヘア&メイク/高橋里帆〈Happy Star〉 スタイリスト/後藤仁子 モデル/佐藤さき(マキアビューティズ) 取材・文/小田ユイコ 柏谷麻夕子 構成/萩原有紀(MAQUIA)


※本記事掲載商品の価格は、税込み価格で表示しております。

最終更新日:

MAQUIA書影

MAQUIA2022年1月21日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。3月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share