「MAQUIA」9月号では、誰もが魅せられる香り「ミス ディオール」を、ブランドアンバサダーの水原希子さんとともに深掘り。そこにあったのは、想いをつなぐ美しいハーモニーでした。

Image title

ミス ディオール。
愛のように香る香水

それは、1947年のこと。「愛のように香る香水をつくってください」。“ファッショナブルな”でもなく“印象的で個性的な”でもない。クリスチャン・ディオールが求めたのは「愛」を体現する香水でした。美しい調和を謳う新しい時代にこそまといたくなる、愛する人とあなたをつなぐ香りのハーモニーが、このボトルの中に。

Image title

ミス ディオール ブルーミング ブーケ オードゥ トワレ
シトラス、ピオニー、ローズ、ジャスミン……ロマンティックな花束のような香りになぜ私たちはこれほどまでに魅せられるのだろう?
50ml¥9000/パルファン・クリスチャン・ディオール


Miss Dior
Secret Story

私のドレスが次から次へとボトルから現れ、
魅惑の香りで女性たちをドレスアップさせるために、
ミス ディオールを作りたいと思いました。

クリスチャン・ディオール



ミス ディオールにまつわる3つのキーワード


Fleur[花]

花々は女性の次に
最も神聖な創造物である

幸せな幼少期を過ごしたグランヴィルの邸宅の庭に咲き誇っていたバラ。終の棲家として購入したグラースのラ コル ノワール城で丹精を込めて慈しんだ花々たち。クリスチャン・ディオールにとって、花は幸せの記憶であるとともに、創作のインスピレーション、美の象徴であった。パリのアヴェニューモンテーニュ30番地のメゾンにはいつも花が溢れ、オートクチュールのショーでは自ら会場のフラワーアレンジメントの監修を手がけたという。大戦後の重苦しい空気が残るパリでクリスチャン・ディオールが送り出した、ウエストを絞り裾が広がった花束のようなドレスは、女性たちに笑顔を取り戻させた。そして彼女たちに大きな花束をプレゼントするように、花のようなドレスにふさわしい香りを作った。それがミス ディオールだ。

Image title

(右)1949年春夏 オートクチュール コレクションで発表された「千の花々が刺繍された」ミス ディオールのドレス。(上)このドレスにインスピレーションを受け、ラフ・シモンズが2013年に制作したナタリー・ポートマン着用のドレス。



La mode[ファッション]

香水は、女性らしい魅力に欠かせない
アイテムであり、ドレスの最後の
仕上げでもあるのです

Image title

クリスチャン・ディオールはエモーショナルな人だったという。ドレスにも形にできない感情を追求した。だからこそ、ドレスをまとった女性が自らの痕跡を残すために香水が必要だと考え、1947年の自身の初のオートクチュールコレクションと同時に香水ミス ディオールを発表した。ドレスのコロール ラインを反映し、バカラに依頼したアンフォラ型の美しい曲線を描くボトル。ショーの会場を包んでいたのもこの香りだった。

Image title

(右)最初のミス ディオールのボトル。(下)1949年のコクレクションのために作られた「スーツのように裁断された」ボトル。ボウをあしらい、男性用とされていた千鳥格子をフェミニンなモチーフに昇華したデザインは、現在のボトルにも受け継がれている。



L'amour[愛]

私は女性を美しくするだけでなく、幸せにしたい

Image title

ミス ディオールとは、クリスチャン・ディオールの12歳年下の妹、カトリーヌ・ディオールのこと。戦時中に強制収容所に送られ、深い苦しみを味わい、奇跡的に生還した最愛の妹への「再生」の印としての香水。のちに南仏でバラ栽培を手掛けることになったカトリーヌは自分に厳しく、非常に芯の強い女性だったそう。愛に生き、自らの意志で未来を切り拓く力をもった女性。甘いだけではない。ミス ディオールの香りに込められたのはそんな女性像。

Image title

1930年頃のカトリーヌ・ディオール。90歳で亡くなるまでミス ディオールをつけていたそう。

Image title

“what would you do for love?”ミス ディオールの永遠のテーマ「愛」をCMではナタリーが表現。



ミス ディオールをさらに知るための一問一答

時代を超え、ムッシュ・ディオールが託した想いをキーパーソン2人に聞いてみた。


「香水は、あなた自身を
仕上げるための最後のひとふりです」

Image title

ディオール パフューマー クリエイター
フランソワ・ドゥマシー
’06年にディオール専属調香師に就任。’08年発表のブルーミング ブーケをはじめ、現代女性に寄り添う新しいミス ディオールの香りを次々と生み出す。「母のドレッサーにあったのもミス ディオールでした。私がその香りに携っているのも運命なのかもしれません」


Q ミス ディオールを新解釈する際に、難しかったことは?

A 制約があることは私にとって大きなチャレンジでした。香水そのものが抽象的な存在ですから、常に私の中でも本当に大丈夫だろうか?という一抹の不安はあります。だからこそ、マキア読者の方々が「愛される香り」としてミス ディオールを選んでくださっていると知って、とてもうれしく思います。


Q 香りで愛を表現するとはどういうこと?

そもそも香りはさまざまなノート(香調)が重なりあって作られます。そして愛とはなにか?と考えたとき、あるときは軽やかでやさしいもの、でもときに力強く、肉感的でありセクシャルであり……いろいろな要素を持つものです。優美で多面的。それがミス ディオールの香りです。 



「ドレスも香水もすべて愛の告白。
そして普遍的な存在になるのです」

Image title

ブランドカルチャー&ヘリテージ ディレクター
フレデリック・ブードゥリエ
2000年にパルファン・クリスチャン・ディオール入社。’07年に創設されたブランドの文化と哲学を継承する現部署を統括する。「最近、カトリーヌにまつわるアーカイブを数多く入手したのですが、強い信念をもった女性で、兄クリスチャンを心から尊敬していたそうです」


Q なぜ最初のコレクションから香水を作った? 

A 最初のコレクションから香水をつくるという前例はファッションの歴史の中でも他にありません。1947年、ニュールック発表の1カ月前、ムッシュは香水販売の事業化のためにパリの商工会議所を訪れていました。エレガントな女性は必ずエレガントな香りを残さなければならない。そう確信していたからです。


Q  "愛とハーモニーの時代"にこそ求められる香り?

A 日本の新元号「令和」は調和を意味しますが、ムッシュも何より人と人との調和を大切にする人でした。彼は自分のメゾンやスタッフに惜しみなく愛を注ぎ、決して人の悪口を言わなかったそうです。(メゾンのある)パリのアヴェニュー・モンテーニュ30番地には温かなハーモニーがつねに息づいているのです。



Image title

ス ディオールからは妹への愛や、花々への愛を強く感じます。ムッシュが花を育てていたラ コル ノワール城に2018年に行ったときに、よりそれを強く感じました。同時にムッシュのアートへの愛もそこで感じ、ミス ディオールにはいろんな愛が詰まっていると思います。愛、自然、人生を楽しむ豊かな心それをミス ディオールから感じます。

ディオール ビューティー アジア アンバサダー
水原希子



MAQUIA 9月号

撮影/Morgane Lay & Jonny Cochrane for Parfums Christian Dior


【MAQUIA9月号☆好評発売中】

MAQUIA2020年6月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。8月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share