こんにちは。

YOUです!


今回はオーガニックブランドの【ジュリーク】から先月新発売された化粧水をご紹介します。
一度使ったらクセになる化粧水なので、要チェックですよ!



ジュリーク ハイドレイティング ウォーターエッセンス+

ジュリークハイドレイティングウォーターエッセンス+

ジュリーク ハイドレイティング ウォーターエッセンス+
2021年3月3日(水)新発売

150mL  6,930円(税込)

化粧水/アルコールフリー

土台を整えることでうるおい続け、吸いつくようにふっくらなめらかな肌に導く化粧水。


ジュリーク オーガニック認定自社農園だからこそ育めるパワフルなマシュマローの力。

オーストラリア アデレードのあるジュリーク オーガニック認定自社農園では、バイオダイナミック無農薬有機農法によって、豊かな土壌づくりを手作業で行ってきました。
この農法は「すべてを自然から生み出し、自然に還元する」という究極のオーガニック農法です。
科学肥料や農薬を使用せず、農園で育てた植物を肥料として採用。

たくさんのこだわりが詰まった化粧水なんです。



マシュマローとは

「アルテ」の名で知られる植物で、約2000年前から重用され、肌を健やかに保つと言われています。



1985年のブランド創業時から、創業者であるクライン夫妻がオーガニック認証自社農園で、品種改良を行わずに育てています。



①「マシュマロー ドロップ BI」(新エキス)


3日間かけて丁寧に抽出され、肌の土台を整えるながら角層深くまでうるおいを与える




②「マシュマローエキス」


4日間かけて丁寧に抽出され、肌を柔らかくするエモリエント作用を併せ持つ


 




 この2種類のエキスが「うるおい続ける肌」に導く役割を果たします。
ダブルアプローチでうるおい続ける肌を叶える!



土壌有機炭素

ジュリーク オーガニック認証自社農園の土壌に含まれる土壌有機炭素(Soil Organic Carbon)の量が、オーストラリアの他の一般的な農園と比較して約3倍も多く含まれていることが解明されました。


土壌有機炭素が多いと、地球温暖化を軽減する役割を果たすとも言われています。

「ジュリーク オーガニック認証自社農園の大地の恵みが美しい肌、美しい地球へ」という言葉に現れていますよね。




使用感

  • 新しいジュリーク、はじまります!【ハイドレイティング ウォーターエッセンス+】3/3新発売!_2_1
  • ジュリーク化粧水のテクスチャー

とろみのあるみずみずしいローションで、肌にゆっくりじっくり入っていく感じがします。

11種類の天然精油をオリジナルブレンドした「ディープフォレストノート」の香りで、森林浴をしているかのような癒やしの香り。

与えるだけでなく、肌の土台を整えることでうるおい続ける「サステイナブルな肌」へと変わっていくのを実感して欲しいです!










提供:MAQUIA ONLINE編集部様

チーム★マキア/メイク

YOU

2年目/乾燥肌/イエローベース

ナチュラル〜遊びあるものまで、好きなメイクを楽しみたい!

スキンケア・メイク全般が好きですが、最近はインナーケアや医療美容なども気になっています。
美容で肌はもちろんの事心の栄養も得ています!ナチュラルから大胆メイクまで幅広く研究中!

share