目指せ美眉!プチプラのアイブロウマスカラ4つを比較してみた。_1

こんばんは🌆




顔の印象を左右するものといえば…


やっぱり眉毛!!



そして流行も反映しやすいパーツであり、


なおかつ、むずかしいパーツ…



だからこそ眉こそ、


優秀コスメに頼るべきだと


私は考えています。



でもだからと言って、


高級コスメにたよらなければいけないのか?


そういうわけではありません。





《プチプラ?デパコス?コスメアイテム別お金のかけ方!》
https://maquia.hpplus.jp/blog/ayu_maquia/38121/




以前のブログにも書きましたが、


眉ペンシルや眉マスカラなどの


俗にいう"軸物"は、


プチプラでもかなり優秀なものが多いのですー!



私も使いやすい眉アイテムを求めて、


これまで様々なコスメを試してみました♡



その中でも今日は、


垢抜け度を左右する


眉マスカラについて!!


プチプラ4種類を比較してみました。

目指せ美眉!プチプラのアイブロウマスカラ4つを比較してみた。_2

(左から)

☑︎ケイト
3Dアイブロウカラー

☑︎デジャヴュ
フィルム眉カラー

☑︎ヴィセ リシェ
カラーリングアイブロウマスカラ


☑︎リンメル
プロフェッショナル3Dブロウマスカラ


ちなみに今回は色味ではなく
液質やブラシの比較になります。

目指せ美眉!プチプラのアイブロウマスカラ4つを比較してみた。_3

まずはケイト!!
元祖・眉マスカラじゃないでしょうか?
私も10年以上愛用しています。
根強い人気がありますよね。

まずポイントとして、
持ち手が長いので、動かしやすい!
ブラシ自体も先細っていて
大きすぎず、小さすぎない。
細いところも太いところも自由自在。
ぬけ感のあるカラーラインナップも素晴らしく、
眉に立体感が出るので、
どんな眉毛の方でも使いやすいと思います。

目指せ美眉!プチプラのアイブロウマスカラ4つを比較してみた。_4

次にマスカラで有名なデジャヴュ!!
こちらは眉マスカラ界の新星かなと思います。
私も最近使い始めたのですが、
めちゃくちゃお気に入りです。
最近、前髪を切ったので、
それに合わせて眉のボリュームを
薄くしたのですが、
この小さいブラシが小回り効いて
かなり使いやすいです♡
(個人的に小さいブラシが好き)
液がドバッとつきにくいので
薄眉さんや細眉さんにオススメです〜!

しかもデジャヴュの真骨頂である
「薄膜フィルム」
液が固まったりせずにごわつかない。
そしてお湯でオフできます。

目指せ美眉!プチプラのアイブロウマスカラ4つを比較してみた。_5

そしてヴィセ!!
ここ数年はずっとヴィセを
メイン使いしていました。
カラーリングしたかのような
美しい仕上がりが好きです。
皮脂や汗に強くて落ちにくいのに、
お湯でオフできるのが魅力。
ふわっと発色し肌馴染みが良く、
ナチュラルな仕上がりになるんです♡
ブラシの形は普通ですが、
特に不便さはないと思います。

目指せ美眉!プチプラのアイブロウマスカラ4つを比較してみた。_6

最後にリンメル!!
ファイバー配合なので、
立体感を出したいときに重宝します。
仕上がりはふんわりとナチュラル。
ブラシは小さめなので、
毛1本1本を立ち上げるのに使いやすい♡
こちらもウォータープルーフだけど
お湯でオフできる優れものです。
毛量が少ない人には本当にオススメです。

目指せ美眉!プチプラのアイブロウマスカラ4つを比較してみた。_7

4つともに共通して言えるのは
もはやダマになったり、
ベタつくことはありません。

自然な仕上がりがお好きなら
ヴィセかリンメル。
しっかり太眉ならケイト。
薄眉、細眉ならデジャヴュが
個人的にはオススメかなと思います。


眉の形を変えるのはなかなか難しいけど、
眉マスカラを替えれば自由自在!!

自分の形や毛量、
そしてなりたいイメージや髪の色に
合わせて眉マスカラを選ぶだけでも
印象はガラリと変わります。

優秀な眉マスカラに頼って、
美眉を目指しましょう♡






Instagram @ayu_27s


https://www.instagram.com/ayu_27s/

目指せ美眉!プチプラのアイブロウマスカラ4つを比較してみた。_8

MAQUIA エキスパート

AYU

4年目/乾燥肌/ブルーベース

ポジティブ美容!自分らしく美しくなるコツを提案

「美しくなることは、自分を好きになること」をモットーに、自分らしく美しくなる《ポジティブ美容》を心がけている。
元ネイリストの経歴もあり、その他スキンケア・メイク・ボディメイク・インナービューティーなど美容全般が大好き。その中でも特に力を入れているのが眉メイク。
最近では、時代に沿ったサステナブルなクリーンビューティーを模索中。

share