すでに何本リピートしたか分からないほど、

中高生時代から何十年とお世話になっている

冬の定番アイテム、ヴァセリン。

Image title


カサカサしがちな爪先に塗ったり、

リップかわりにしたり、

踵やひじ、乾燥しがちな所にオンしたりと

説明するまでもなく、万能バームの殿堂入りですが、

保湿機能はそのままに、他にもオシャレな使い方が

あるのをご存知ですか?


今日はそんなヴァセリンを、Ayakoのお気に入り、

オシャレに使う方法を!勝手にランキング形式で

トップ3をお伝えしたいと思います!

めっちゃ可愛いよ!!カワ(・∀・)イイ!!

お見逃しなく!


それでは早速!

第3位!

リップスクラブにする。


用意するもの

・ヴァセリン

・デザートスプーン

・ラップ

・お砂糖(ダイエットシュガーはダメ)

・はちみつ(お好みで)


作り方

①デザートスプーンのお尻部分を使って

ヴァセリンを容器から取り出す。

Image title


②だいたいヴァセリン4に対し、お砂糖1位くらい、

はちみつ入れるならお砂糖より少し少なめくらいで

ラップに全ていれて包み、指で揉みながら混ぜる。

Image title


完成。(ピルケースか何かにうつして使ってね。)


私は移すのがめんどくさいので、

そのままラップに包んで使用してます笑。

(自宅でしか使用していないし。)


混ぜている砂糖は、塩でも問題ありませんが、

塩を使用するより、お砂糖の方が、

乾燥で唇が切れていても染みにくいので

オススメです。


はちみつを入れることで、より保湿効果も高まります。


デザートスプーンを使うと、スプーン側で砂糖をすくい、

Image title


お尻側でヴァセリンを取り出したり、混ぜたりできるので、

洗い物が減るっていう笑。スパチュラより、

めんどくさがりさんにピッタリです笑。


まだまだ続くよ!⇒

第2位!

練り香水にする

Image title


*アロマの精油を買ったものの、なかなか使い切れない。


*お気に入りの香水をオシャレに持ち歩きたい。


*雑誌の付録やコフレ等に付いてくるトライアルサイズの

香水を使おうとしてるのに使いわすれがち。


こんなタイプの方にオススメです!


用意するもの

・ヴァセリン

・香水、アロマオイル等

・ピルケースや単色シャドウのケース

・デザートスプーン

・あればドライフラワー

Image title


作り方

①先程同様にスプーンのお尻を使って3~4杯ほどヴァセリンを出す。


②お好みで、香水を混ぜる

Image title


・アロマオイルの場合、サンダルウッドとフランジパニを

よく混ぜて作っています。

オイルによって混ぜる量は変えてますが、

各2滴くらいずつ入れています。


・香水の場合、こちらもお好みですが、

トライアルサイズで私は8~10プッシュ程

混ぜることが多いです。


ケースは、コスメの空き容器がオススメ!

特にRMKの単色シャドウ用ケースが◎。

Image title


色々使ってみましたが、早めに使い切るのに

調度いいサイズ♥

(暖かい所に置いとくと開けた時にこぼれやすいので注意)

もちろん、作るのに慣れてきたら、シャネルだろうと

Diorだろうと、なんでも問題ありません♪


③ラップにヴァセリンと香水を入れて混ぜ、

ケースに移します。

Image title


(RMKのパレットに少しシルバーラメが残っていたのですが、

少しキラキラしていると可愛いので、気にせず混ぜ込みました。)


④軽くドライヤーの熱をかけると表面がキレイになりますが、

あてすぎると、せっかくの香りが飛んでしまうので注意してねー。


⑤最後にAyakoのドライフラワーコレクションから

バラの花びらをチョイス♥(バラじゃなくてもOK)

Image title


(余談ですが、花瓶に適当に花つめて額縁かけると

オシャレインテリアになる。)

Image title


ちょっとカットして、花びらに香水をひとふき。

作った練り香水の上に重ねましょう。

Image title

香水をひとふき

Image title


ドライフラワーをのせることで、

*表面のボコボコを隠しやすい笑。

*見た目がカワ(・∀・)イイ!!

*香りが長持ちしやすい(ようはポプリてきな)

というメリットが♥


ちょっとしたプレゼントにもオススメです!


続いて気になる第1位!⇒

第1位!

色付きリップバームにする


最近、ちょこちょこ持っている人を見かけるんですが、

ヴァセリンのミニサイズリップ出てますよね。


あまりに可愛くて、パケ買いの衝動にかられるのですが、

よーーーーーーーく見ると、

値段がヴァセリン40gボトルの約2倍。

まじで(‘Д’)

量はちょっとしかないのに!?


「じゃ、さぞかし成分が違うのか、、、」

と裏をひっくり返してみたら、香料と

プラスで保湿オイルが入ってるくらい。

(別にディスってるわけじゃないですよ!

化粧品の容器って作るのに100万越えの

コストかかったりするの聞いたことあるし!)


ちょっと気に入ったカラーや香りが無かったこともあり、

今回手作りするのを思いついたというわけ。


用意するもの

・ヴァセリン

・お好みでアロマオイル等

・ピルケース

・デザートスプーン

・口紅(ちょっと濃すぎたかな?と思う

赤リップとか使うといいかも。)

Image title


作り方

①こちらもお好みですが、ヴァセリン3:口紅1くらいで

いつも混ぜています。

Image title

スプーンのお尻でとると取りやすい

Image title


②ラップに包んで指で揉み混ぜる

(お好みでアロマオイル1滴ほど混ぜても◎)

Image title

Image title

Image title


③容器に移し、ドライヤーをあてて表面をキレイにする。

Image title


完成♥


*口角をしっかりとった赤リップの塗り方も好きだけど

流行りのポンポンとリップ乗せる方法もやってみたい。

Image title


口角をとる赤リップの塗り方保存版!はコチラ。


*自然な血色を作りたい


*保湿も叶えたい


*使いにくいと思ってた口紅がある


なんて方にオススメ!

第3位で紹介したお砂糖を少しまぜて、

スクラブとしても、カラーリップとしても

使えるようにするというのもいいですよ!


お気に入りのヴァセリンが、もっともっと

使い道が広がれば、冬が終わって、

「ヤバい!余っちゃった涙。」


なんてこともなくなりますよね♥

ただ、手作りコスメなので、すべてにおいて、

早めに使い切ることをオススメします。


ぜひみなさんも試してみてね!

Image title


それでは!

Ayako

MAQUIA書影

MAQUIA2021年1月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。3月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share