乾燥崩れに負けない! 朝のメイクを保つスキンケアアイテム&対策法

スキンケア
いいね! 0件

「MAQUIA」7月号では、スキンケアで夏でも崩れない肌をつくるべく、確実に崩さないポイントを押さえたお手入れ方法を紹介しています。

Image title

教えてくれたのは…

美容愛好家
野毛まゆりさん

美容家
山本未奈子さん

美容エディター
藤井優美さん

美容エディター
小川由紀子さん

ヘア&メイクアップアーティスト
小田切ヒロさん

スキンケアで解決
崩れない肌編
朝のキレイを保つための、スキンケア術を肌タイプ別にご紹介。ポイントを押さえたお手入れで確実に崩さない!

Image title

(右から)

フレッシュな感触で目元もイキイキ
ひんやり使用感の目元用スティック。むくみケアにも。イドラ スパークリング アイスティック 5ml ¥4900/パルファム ジバンシイ

肌の乾きから救ってテカりをおさえる
潤いをしっかり抱え込む肌に。オイルフリー モイストアップセラム 30ml ¥6000/ニールズヤードレメディーズ(6月1日発売)

ジュレローションで肌を潤いで満たす
ジュレが肌になじむとローションになって浸透。カネボウフロスティ ジュレ ローション 40ml ¥3800/カネボウインターナショナルDiv.

素肌そのものを健康的に若々しく
肌表面はなめらかに、ハリまでアップ。色ムラまでも目立たなく。ブルー セラム30ml ¥12000/シャネル

たっぷりの潤いで肌トラブルを防ぐ
肌トラブルをマルチにケア。ベネフィーク マルチコンディショニング ローション[医薬部外品] 145ml ¥3500(編集部調べ)/資生堂

弾力のある泡で肌の濁りをオフ
きめ細かい泡で、曇り肌に透明感を。トランシーノ薬用クリアウォッシュ[医薬部外品] 100g ¥1800/第一三共ヘルスケア


乾燥崩れが気になる…

Q1 絶対崩したくない日の+αのケアは?
A ブースターオイルで肌をほぐして

「乾いている肌をほぐして、しっかり保湿できるのでブースターオイルは欠かせません」(山本さん)。「肌の崩れを防ぐのにも、実は頭皮ケアが有効です」(小田切さん)

Image title

ライトな使用感で敏感肌にも。トリロジー RHO ライトブレンド オイル 30ml ¥6500/ピー・エス・インターナショナル


Q2 崩れを防ぐためには、洗顔はどうしたら?
A 朝、きちんと洗顔すると透明感も出ます

「前夜にたっぷりと塗ったクリームが、寝ている間に汗や皮脂とともに酸化してしまうので、洗顔料を使ってきちんと落とすことが大切です」(藤井さん)。「崩れ防止にはすすぎも丁寧に行うこと」(野毛さん)

Image title


Q3 目元の乾燥対策を教えて
A 潤いながら表面はサラッとするものを朝のケアに投入

「しっかり潤しながら表面はサラッとするものを朝のケアに」(藤井さん)。「アイクリームでケアしたらティッシュオフし、さらにパウダーをなじませれば崩れにくく」(山本さん)

Image title


Q4 保湿量が少なくても多すぎてもダメ?
いい感じの保湿ケアって?
A おでこはさっぱりしたジェル、頬はしっとりクリームなどクリームの使い分けを

「肌状態をみて、部分的に使うアイテムを変えることも必要です」(山本さん)。「乾くと思うなら、まだ保湿不足。保湿して崩れると感じるなら、それは入れ込み不足です」(小川さん)

Image title


Q5 しっとりタイプでケアしているけど
汗が出て十分な潤いが足りていない気がする
A まずは汗をひかせてからスキンケアを

「一度肌にスキンケアが浸透したら、汗が出たからといって流れ出ることはありません」(山本さん)。「汗は放っておくと余計に乾燥するのですぐに拭くこと」(藤井さん)

Image title


Q6 朝と夜のお手入れ、どちらを重視すべき?
A 肌が修復する夜のケアを抜かりなく

「崩れにくさでなら、乾燥や外的ダメージからの防御を固める意味で朝重視のケアを」(藤井さん)。「夜。肌の修復、再生を促すのは夜の寝ている間だけです」(山本さん)


Q7 水分を補うべきか、油分を補うべきかわからない

A 水分も油分もバランスよく!

「乾燥肌の人は油分を与えがちだけど、水分も絶対に必要」(小川さん)。「肌の内側の潤いを留めるなら油分を」(山本さん)。「朝は水分、夜は油分を重視すると肌が安定」(野毛さん)


素早く、深く、長く肌に潤いをチャージ。モイスチャーサージ ハイドレーティング コンセントレート 48g ¥6900/クリニーク

Q8 意外と冬以上に肌が乾いている?

A エアコンや紫外線の影響で、夏場は肌が乾燥します!

「夏場は常に肌は火照った状態で乾きがち」(野毛さん)。「べたつきやすい夏はスキンケアが手薄になりがち。冬以上に乾燥がひどくなることは十分にありえます」(藤井さん)

Q9 ランチを過ぎたあたりから

肌がカサカサ。日中の乾燥対策は?

 A 乳液を使ったケアが有効

「コットンに乳液をたっぷり含ませてフリーザー袋などに入れて持ち歩きを。乾燥が気になる部分にさっとなじませてリタッチすれば、日中の乾燥対策にも便利」(山本さん)


リッチなテクスチャーで肌を包み込む。AC ハーバルアドバンスト セラム 55g ¥10000/シンプリス


MAQUIA7月号

撮影/久々江 満 橋口恵佑(物) スタイリスト/武田亜利紗 取材・文/轟木あずさ 浦安真利子 摩文仁こずえ 企画/芹澤美希(MAQUIA


【MAQUIA7月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN