うっかり日焼けを防ぐ【日焼け止めの塗りなおしテクニック】 盲点はココだ!

スキンケア
いいね! 1件

紫外線対策はしっかり行っているつもりなのに、毎年やっちゃう“うっかり日焼け”。でも今年こそはうっかり日焼けを防ぎたいっ! そこで、トータルビューティアドバイザーの水井真理子さんに、うっかり日焼けを防ぐコツを教えてもらいました。今回は、うっかり日焼けNo,1パーツ、首の対処法です。

Image title



うっかり日焼けが気になるのはどこ?
マキアブロガーの回答をチェック


<うっかり日焼けしやすいパーツを教えて>

1位・・・首

2位・・・手の甲

3位・・・足の甲

4位・・・鼻

5位・・・首のうしろ、背中


<日焼け止めを塗りなおす回数を教えて>

1日1回塗りなおす・・・41名

塗りなおしはあまりしない・・・25名

数時間に1回は塗りなおす・・・2名


マキアブロガーへのアンケート結果がこちら。日焼け止めが塗りにくい場所や、落ちやすい場所などが“うっかり日焼け”に繋がっているよう。また、「日焼け止めの塗りなおしはあまりしない」という人も多いみたい・・・。


塗りなおすときは
汗をぬぐってから! が大切です

「“うっかり”とはいえ、日焼けは日焼け。後々致命傷になってしまうので、できる限り“うっかり”はなくしましょう。日中室内で過ごすことが多いなら、日焼け止めの塗りなおしは1回でも十分ですが、外で過ごすときは数回に分けて塗りなおしを。午後4時ごろまでは油断厳禁です! また、日焼け止めを塗りなおす際は、身体の汗をしっかりぬぐってからつけるのがコツ。ベタついたままだと、日焼け止めのつきや持ちが悪くなってしまいます。とくにアンケートでも1位だった首などは、汗をかきやすいパーツでもあるので、汗を抑えて清潔にしてから塗りなおしましょう」。(水井さん)


首のうっかり日焼けを防ぐ方法

Image title

ハンカチや水に塗らしたコットンなどで、首もとの汗をしっかりオフしてから、日焼け止めを塗りなおしましょう。

Image title

塗りなおしには、パウダータイプのUVが手軽でおすすめ。サラサラするので、ベタつきが苦手な人にも◎。


<おすすめコスメ>

Image title

エンリッチリフトUVパウダー50+ ¥2,500/ドクターシーラボ

SPF50+、PA++++の最強UVパウダー。メイクの上から手軽にUVケアできるうえ、毛穴やテカリまでしっかりカバー。


首のうしろはクリームやジェルでしっかりと

「手が届きにくい首の後ろや背中などはスプレータイプのUVが便利と思われがちだけれど、スプレーだとちゃんと塗れているかわからないため、クリームやジェルなどがおすすめ」と水井さん。うっかりを防ぐためにも、万全な対策を心がけて!


<おすすめコスメ>

Image title

(右)スーパー UV カット ファインフィール ボディ <日焼け止め用乳液> ¥3,500/アルビオン

SPF30、PA++で、毎日の紫外線から快適に素肌を守ってくれる。みずみずしく心地よい使用感でサラサラ肌をキープ。

(左)ワンダーハニー ナチュラルアロマ UV ジェル ホワイトブリーズ ¥1,800円/ベキュア ハニー

軽くて伸びのいいUVジェル。SPF40、PA+++で、日常からアウトドアのレジャーまで、幅広く対応可能。



照り返し対策も重要

Image title

道路からの照り返し対策も忘れずに。日焼け止め+ストールを巻けば、首もとの日焼け対策はバッチリです。


撮影/藤沢由加 ヘアメイク/榛沢麻衣 文/イトウウミ

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN