結論:潤いが行き渡ると、【インナードライ&毛穴問題】は同時解決!

スキンケア
いいね! 0件

暑くなる、これからの季節。一見、肌は潤っていそうに感じるけれど、なんだか乾燥するし、毛穴の目立ちが気になる人も多いのでは? 「MAQUIA」7月号から、美肌のプロ・安倍佐和子さんがまるっと解決!

Image title


肌立て直しの匠!

ビューティーエディター

安倍佐和子さん

美容創世紀から第一線で活躍し、常に業界に新風を吹き込み続けるパイオニア的存在。幅広い知識と経験に裏打ちされた回答は、端的&明快。


初夏の肌ではインナードライと毛穴問題が多発的に起きている!

この時期、

“落とす”&“入れる”

ケアを間違いがち

 暖かくなって汗や皮脂分泌が盛んになり、肌表面の乾燥は収まっているかのように見える肌だが、

「肌の表面と内側を、勘違いしてはいけません。紫外線のA波が降り注ぐ量は真夏と同等レベルですし、ぼちぼちエアコンをつけるようになってくるので、実は肌の中はすごく乾燥しているケースが多いんです。いわゆる、外はベタベタ、中はカラカラの“あべこべ肌”状態!」という、小田さん。

また、安倍さんは、「実は、春先にコンディションを崩してしまった肌は、元通りになるまで1カ月以上かかります。今の時期はまだまだ虚弱体質な肌状態なので、お手入れしても効きにくいんです。だからといって、そのまま放置していると、角質が肥厚し、毛穴づまりなどのトラブルを抱えてしまう原因に」と話す。

では、果たしてどんなお手入れをすればいいの?と、迷う人も多いはず。


 そこで見直して欲しいのが、基本の“落とし方”、“入れ方”!

「皮脂や汗が気になって洗いすぎ、自らバリア機能を弱らせている人が多いんです。また、暑いからと乳液やクリームなどバリア膜アイテムをないがしろにしていると、外的刺激を受けやすく、潤いが逃げやすい肌になってしまうことも! むしろこの時期こそ、アイテムを省かず、丁寧に潤いの層をきっちりと重ねていくことが大切です」(小田さん)。

また、エアコンや冷たいものの食べすぎ飲みすぎによる冷えも要注意。「冷えたままでは代謝が低下し、ターンオーバーがスムーズに行われず、潤いが行き渡りにくい状態。巡りを良くして肌の力を底上げしつつ、お手入れしましょう」(安倍さん)

Image title

"あべこべ"肌になりがち!

一見、肌表面がベタついて潤っていると勘違いしがちだが、強い紫外線が降り注ぐ影響で、この時期、実は肌内はカラカラのインナードライ状態に。


Image title

いろんな毛穴問題が多発!

過剰な皮脂分泌により、この時期は毛穴拡大傾向に。さらに、お手入れ不足などで角層が乱れて毛穴がふさがれると、黒ずみや開きなどが!


 落とし下手あるある  

ゴシゴシ落としで

美肌菌を迫害している!!

Image title

洗い過ぎやゴシゴシ洗いは、汚れなどの悪玉菌だけでなく潤いなどを守る善玉菌も落とすことに。バリア機能が低下するので、要注意。


毛穴に皮脂や

古い角質がつまったまま

UVカット効果の高い日焼け止めや皮脂&汗に強いベースメイクが落とせていないケースが! そのまま放置すると、酸化し黒ずみに。


3

肌掃除不足による

ターンオーバーの乱れで潤い拒絶肌

Image title

紫外線ダメージやエアコンなどの冷えにより、ターンオーバーは乱れがち。不要な角質がたまり、スキンケアが入りにくい肌に。


【次のページをチェック!】インナードライ&毛穴問題を同時に解決する7つのケア》》

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN