人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

「日焼け止めを塗り忘れた時の対処法は? 」美白のテクニックをリカバリーの神・小林ひろ美さんが伝授

スキンケア

日焼け止めを塗り忘れた時の対処法は? 「MAQUIA」9月号では、過去のガングロ時代が嘘のような色白肌の持ち主・小林ひろ美さんに、リカバリーテクニックを披露していただきました。
Image title

リカバリーの神
美容家 小林ひろ美さんの

 緊急美白テク10 

輝くような美肌の主・ひろ美さんだけれど、過去にはやいてガングロ時代もあったほど。色白肌を育てたリカバリーテクニックを、惜しみなく披露!


Q 肌が白くなる食べ物は?

A ビタミンA・C・E!
カラフル野菜を意識して


Q 日焼けは「72時間以内」が
決め手と聞きました

A メラニンスイッチが
入る前の美白はオトク

「日焼け後72時間以内に美白ケアを始めると、シミ予備群が顕在化しにくいそう。赤みやほてりが出ているときは冷やして鎮めるのが先決ですが、落ち着いたら美白成分の投入を」


1/8

2/8

3/8

4/8

5/8

6/8

7/8

8/8

Q 日焼け止めの塗り忘れで
顔が真っ赤に

A まず冷やすこと!
1にも2にも鎮静です

「日焼けはやけどの一種。とはいえいきなりキンキンに冷やしすぎると肌がシュリンクしてしまうので、氷や保冷剤を包んだタオルなどでそっと冷やして。怒っている人をなだめ、優しく落ち着かせるようなイメージで」

Q くっきりジミ、セルフで
できるケアは?

A 温冷ケア +“お手製・
シミパッチ”を

「シミを追い出すには、まずお風呂で“冷やしスプーン”を当てて巡りをよく。お手入れの仕上げには、コットンとサージカルテープで作ったお手製シミパッチをオン。そのまま寝れば、一晩中ジワジワ美白できる!」

1 氷水を入れたコップでスプーンを冷やし、シミ部分にオン。お風呂で行えばそれだけで温冷ケアに。

2 サージカルテープに小さく切ったコットンをセット。

3 シミ部分に美白アイテムを塗り、上から2を。密封されて効果UP !

Q 顔は色白なのに、体は色黒。
どんなケアをすればいい?

A 鉄壁のブロック×風呂上がり
オイルで血流アップ

「簡単に重ね塗りできるUVケアアイテムを持ち歩き、こまめに防御。ボディは代謝が悪いので、保湿や巡りケアも大事。温まった体をオイルでほぐし、メラニンが溜まりにくい肌に」


(右)肌なじみの良い極上オイル。セブンフロー ハーブサーキュレイトオイル 150 ¥6500/美・ファイン研究所

(左)外出先での重ね付けも簡単。ボディパラソル UV パウダー SPF20・PA++ 16g ¥4000/イグニス

Q 唇にもシミが出てきちゃった!

A オイルでマッサージし、
ラップパックを

「ホホバなどなじみのいいオイルをつけて内側から外側へとクルクルし、最後にラップで覆ってパック。唇の真ん中や山部分はシミができやすいので念入りに」

Q たっぷりUVを
浴びた日の「後ケア」は?

A スキンケアの混ぜ混ぜ&
ふんわりのせを実践

「ほてった肌をあれこれいじると刺激になるので、ケアはワンチャンスに賭けるべし。化粧水と美容液、クリームを手のひらで混ぜ、ふわっとのせて。まずは落ち着かせることです」

1 手持ちのスキンケアを混ぜ、手のひら全体に広げる

2 上を向き、額、両頬、口周りをそっと包み込むようにつけて、肌をなだめて。

Q 美白成分を
しっかり届かせるコツは?

A 与える前の
「取り去るケア」が肝

「溜まった角質は、美白成分の通り道を邪魔してしまいます。なので、美容液など“入れ込みたいケア”の前に、そういった不要なものを取り去るケアをプラス。ただし、ゴマージュの刺激は眠っているメラニンを叩き起こす可能性があるので、クレイやマイルドな角質ケア美容液などであくまでやさしくオフするのがおすすめです」

(右)軽いテクスチャーで代謝を高め肌の生まれ変わりを促進。タカミスキンピール 30㎖ ¥4584/タカミ

(左)ミネラル豊富な海塩が黒ずみやざらつきをオフ。プレディア スパ・エ・メール タラソ ウォッシュ 150g ¥3500/コーセー 

Q 旅先の美白支度、どうする?

A 日数+1枚のシートマスクは必携

「環境や空調が変わると肌の潤いが奪われるので、いつもより念入りに保湿を。そして必ず夜のケアに美白マスクをさしこみ、ダメージが残らないよう万全に」

4MSKとトラネキサム酸を配合。HAKU メラノシールド マスク(医薬部外品) 30㎖×1袋 ¥1500(編集部調べ)/資生堂

Q 首やデコルテも美白するべき?

A 意外と年齢が出やすい箇所。
ぜひ美白を!

「首やデコルテもぜひ美白を。愛用の美白スキンケアをのばしたら、耳裏から鎖骨に向かって老廃物を流すようにマッサージ。しっかりと巡らせながらつけることで、美白アイテムの“効き”がよく」


MAQUIA9月号

撮影/山下みどり 久々江 満(物)  ヘア&メイク/広瀬あつこ スタイリスト/程野祐子 構成・文/高見沢里子 企画/吉田百合(MAQUIA)


【MAQUIA9月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN