人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

血流アップ効果に驚く炭酸美容液etc. 美容エディターをうならせた新作スキンケア12選

スキンケア

「MAQUIA」10月号では、肌悩みに対応する新作スキンケアを、美容エディター安倍佐和子さん&平 輝乃さんが詳細解説。本音コメントつきでご紹介します!

Image title


Image title

今、この瞬間の悩みをなくしたいのか根本的な改善を図りたいのか。とにかく時短? エイジングケアもそろそろ始めなくっちゃ……さまざまな肌悩みがあっても大丈夫、的確に悩みに対応するコスメがこんなに揃ってます!


1/4

2/4

3/4

4/4

1 ルシェリ
リフトグロウ ローション

肌なじみのよいリン脂質に、プラスに帯電したカチオン性成分を織り交ぜてカプセル化。真皮の密度を高める成分とともにハリを取り戻す。全3種 160ml 各¥2700(編集部調べ)/コーセー


2 オルビスユー
ローション

角層・表皮・真皮の水の通り道、アクアポリンに同時に働きかける世界初のアプローチ。ひ弱な細胞を鍛え上げるフィットネス発想が新しい。180ml ¥2700/オルビス(10月23日発売)


3 パルファム ジバンシイ
ランタンポレル ブロッサム ローション

77%が水分のアクア層とピンクの輝きを放つパール層の2層式化粧水がエネルギーを充てん。疲れを一掃。200ml ¥7500(9月1日発売)


4 DHC
プラチナシルバー モイスチュア
ローション

何度還元しても抗酸化力を失わないプラチナナノコロイドを配合。アクアポリンの発現を促して浸透性もアップ。180ml ¥3000


アベ 若い世代の肌を見てて思うのは、“自力”が弱い感じ。環境の悪化も大きいけど、今のうちに土台から鍛え直しておかないと後が怖いかも。

タイラ 確かに。ミレニアル世代向けのジバンシイはお疲れ肌のエネルギー不足に対応。DHCとオルビスユーは、奇しくも細胞膜にある水の通り道・アクアポリンの減少に着目して、それぞれ独自のアプローチを展開してますね。

アベ ルシェリは線維芽細胞を支えるコラーゲンの質を高めて、潤いとハリを維持させる新スキンケア。面白いのが、さっぱりというテクスチャーがなくて、しっとり・とてもしっとり・特濃の3タイプ展開。それだけ乾燥肌が増えている証拠とも言えるのかも。

1 ソフィーナ iP
ベースケア エッセンス<土台美容液>

微細で濃度の高い炭酸泡による血流促進効果が、従来品の1.3倍に。90g ¥5000(編集部調べ)/花王(9月11日発売)


2 カネボウ
AW マッサージ クリーム

低気温・低湿度における肌の巡りを良くする。100ml ¥5000/カネボウインターナショナルDiv.(9月7日発売)


タイラ ソフィーナの炭酸の血流アップ効果はほんとすごい。手の甲に泡を1分置くと赤くなるから、試してみて。

アベ KANEBOはみずみずしいテクスチャーでマッサージしやすく、もたついたあごのラインがシャープになってきたのに感激。

1 ランコム
レネルジー M FS クリーム

亜麻仁種子エキスが線維芽細胞の骨格再生に働き、ハリ・弾力・透明感を高める。50ml ¥12500(9月14日発売)


2 ゲラン
アベイユ ロイヤル ダブルR セロム

ピーリングで肌表面を磨きつつ治癒効果で表皮と真皮を再構築。肌印象が変わる。30ml ¥17300(9月1日発売)


アベ ランコムは亜麻仁抽出エキスを新配合したクリーム。ゲランはマイルドなピーリングで治癒効果をアップ。

タイラ 相乗効果で肌のクオリティが上がる実感が早い!

1 アベンヌ
イドランス セラム インテンス

アベンヌ温泉水をたっぷり貯留。30ml ¥3200(編集部調べ)/ピエール ファーブル ジャポン(9月21日発売)


2 プレディア プティメール
タラソコンク ミルク

海のミルク・牡蠣エキスとコハク酸により、硬くなった肌をほぐしながら潤い巡るしなやかな肌へ。全2種 100ml 各¥2500/コーセー(9月16日発売)


米肌 肌潤
トリートメントオイル

7種の美容液層とライスパワーNo.7をはじめとする5種のオイル層からなる美容液。浸透力抜群。25ml ¥4300/コーセープロビジョン(9月4日発売)

コスメデコルテ
プリムラテ マスク

5種の植物オイルをベースにした乳液マスクで即メイクのりのいい肌へ。16ml×1枚 ¥450(9月16日発売)


タイラ 若い肌でも乾燥は深刻化。乾燥を放置しているとエイジングが早まるから、保湿だけは徹底したほうがいいよね。

アベ プレディアやコスメデコルテはベタつき嫌いの20代、30代でも使いやすいのでは。

タイラ アベンヌの「イドランス」シリーズからも保湿強化バージョンが出るし、ライスパワーNo. 7で人気の米肌からは初のオイルが登場します。乾燥肌の人はライスパワーNo. 7は一度試すべき成分だと力説しておく。

アベ 米肌は私も好き。オイル状の美容液は浸透力も高いし、絶対いいと思う。


MAQUIA10月号

撮影/Kevin Chan(物) 藤澤由加(人物) ヘア&メイク/室橋佑紀〈ROI〉 取材・文/平 輝乃 企画/吉田百合(MAQUIA) 


【MAQUIA10月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN