若見えマイナス5歳が叶う! ハイライトの5点置き

メイクアップ
いいね! 0件

「MAQUIA」8月号では、顔印象を変えるベースメイクテクニックを掲載中。今回はその中から、顔印象-5歳を実現するハイライトの仕込み方を紹介します。

Image title

目のまわりのくぼみに

ハイライトを仕込めば顔印象-5歳

ハイライトをむやみに入れるのはNG。狙うべきは目まわりにあるくぼみポイント。目の下、目尻、鼻のつけ根の3点に光を効かせるだけで、グッと立体感が増して、イキイキと明るい顔立ちが実現。


Image title

目もと、口もと、鼻筋、鎖骨にも使えるマルチハイライター。透明感のある輝きを演出する。rms beauty ルミナイザー ¥4900/アルファネット 

2 パウダリータッチなので、スルスルと軽く伸び広がる。エスプリーク ライトコントロール スティック 01 ¥2500(編集部調べ)/コーセー 

3 ライトベージュのハイライトカラー。しなやかにフィットして、肌と一体感のある柔らかな膜を形成。チーク スティック リフレクション ¥2800/アディクション ビューティ


Image title


1

指先でトントンと置く

Image title

ハイライトを指先にとり、まずは目の下にオン。コツはトントンと色を置くイメージで、広げすぎないこと。


2

くすみを一掃しながら立体感を

Image title

同じように目尻にものせて、透明感でくすみを一掃する。鼻のつけ根部分も上下に伸ばさずに、トントンとのせて。


MAQUIA8月号

撮影/押尾健太郎(モデル) 冨樫実和(物) ヘア&メイク/小田切ヒロ〈LA DONNA〉 スタイリスト/SHOCO モデル/樋場早紀(マリソルビューティ専属)  取材・文/原田佳定 構成/火箱奈央(MAQUIA)


【MAQUIA8月号☆好評発売中】

※Amazonはコンパクト版のみの取扱いです。

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN