その日の予定やファッションに合わせて、効果的にメイクチェンジをしたい! 「MAQUIA」8月号から、パレットとリップ2本であか抜ける着回しメイクテクニックを紹介します。

Image title

愛され美女 里香

着回し力に程よい甘さがプラスされたピンク×ブラウンパレットに、好感度が一気に上がるなじみつやリップ&ヘルシーさを添えるオレンジ口紅で、洗練された愛されフェイスを目指す。

Image title

使い回せて好感度MAX!

イヴ・サンローラン クチュール クルールパレット 14

いろんなパターンのナチュラルな愛されEYEが自在。落ち着きのあるスモーキーがかったピンクやヘルシーなサンゴピンクで、甘すぎず洗練感あり。¥7800/イヴ・サンローラン・ボーテ


ちゅるんとしたミルキーリップ

ディオール アディクト ミルキー ティント 376

肌なじみのいいミルキーなピンク。軽いつけ心地&発色で使い勝手抜群。¥3900/パルファン・クリスチャン・ディオール


ハッピーな透けオレンジ

ランコム シャインラヴァー 122

表情にオシャレ感とヘルシーさを生むオレンジ。シアー発色&保湿力も高めだから、取り入れやすい。¥3500(限定品)


Day1

「初めましての名刺交換。

グラデEYE&重ねリップで、

とことんきちんと!な印象を手に入れる」

Image title


How to Make up

Image title

Image title

仕事できる風に見せたいけれど、頑張りすぎ感が出るのはイヤ。そんな時は、優しげカラーを丁寧に塗り重ねていくのが正解。まず、パレット1aを上まぶた全体、dをアイホール、bを下まぶたにふわっとオン。さらにeを目のキワと下目尻1/3にライン状に入れて、繊細な淡色グラデーションを作る。口元は3を直塗りした上に、さらに2を重ね塗りして深みを出して。


【次のページをチェック!】ピンクをふわっとちりばめた最強好感度メイク 》》

Day2

「人間関係をスムーズにする

魔法のカラー・ピンクを、

目元&口元にふわっとちりばめて」

Image title


How to Make up

Image title

Image title

愛されカラー・ピンクの分量を多めにすることで、最強好感度メイクに。上まぶたにだけ手持ちの黒ライナーで細くインラインを引いたら、パレット1のbをアイホールと下まぶたの涙袋部分にのせ、dを二重幅に広めに入れていく。スモーキーがかったピンクだから、腫れぼったさや甘ったるさなく、愛され感だけ演出できる。手持ちのマスカラは、まつ毛を上下にセパレートさせるようにしっかりオン。口元にも2のピンクをのせれば完璧!


MAQUIA8月号

撮影/天日恵美子(モデル) 久々江 満(物) ヘア&メイク/中山友恵〈Three Peace〉 スタイリスト/福永いずみ モデル/泉 里香 取材・文/中島 彩(MAQUIA) 構成/吉田百合(MAQUIA)


【MAQUIA8月号☆好評発売中】

※Amazonはコンパクト版のみの取扱いです。

MAQUIA書影

MAQUIA2021年7月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。9月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share