一重さん必見! 上下に“彫り”を仕込んだデカ目メイクを長井かおりさんがレクチャー

メイクアップ

一重さんは“上下の合わせ彫り”でデカ目を狙って! 「MAQUIA」9月号では、長井かおりさんがブラウンパレットでナチュラル&印象的に見せるメイクテクを披露。

Image title

目の形別 

神ブラウンパレットで
彫り深アイメイク


教えてくれたのは…

ヘア&メイクアップアーティスト
長井かおりさん

分かりやすいメイク理論とテクニックで、女性たちのリアルなメイク悩みに応える。メイク講座やイベント出演など、幅広く活躍中。


丹念に影を仕込むことで、
自然な“彫り”が叶う!

「目元を大きく印象的に見せるために大切なのは、メイク感ではなく、実は“彫り深感”。それは言い換えれば、骨格が作り出す“影”のこと。生まれもった骨格は簡単に変えられませんが、影をコントロールしてナチュラルデカ目に見せることなら、メイクで可能! そんな“彫り深感”を演出するために必要なのがマット系のブラウンシャドウパレット。そしてもうひとつ、大切なツールが“指”です。指で少しずつ影色を仕込めば……ほら、自然なのにぐっと印象的なデカ目が完成です」

Image title

「上まぶたが広く見えがちな一重さん。影をたっぷりと加えたくなりますが、影色とはいえ他のタイプに比べて色が目立ちやすいのでやりすぎは禁物。その反面、下まぶたにたっぷりボリュームを置いても派手に見えないのが強み。上下の合わせ技でバランスよく!」


一重さんはこう彫る

Image title

Image title

Image title

(右)肌に自然になじむキャラメルのような色合いのパレット。ルナソル マカロングロウアイズ 03 ¥5000/カネボウ化粧品

(左)目元をやわらかく引き締めるブラウン。カネボウ デュアルアイライナー(ペンシル)02 ¥1500、同 ホルダー ¥1000/カネボウインターナショナルDiv.


HOW TO MAKE - UP

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

上下まぶたにハイ
ライトでベース作り

aを上まぶた全体には中指で、下まぶた全体には細チップでオン。

まぶたを持ち上げて
キワから幅狭に影を

まぶたを持ち上げつつbを。まぶたの半分以上には広げないこと。

下まぶたの影を
少し強めに出す

上下をつなげるように、下まぶた目尻から黒目の内側までbをオン。

残った影色を鼻頭に
もほんのりプラス

2で指に残ったbを、眉頭の少し内側からくぼみに沿ってのせる。

ペンシルで下まぶた
のキワを締める

3と重ねるように、目尻から黒目内側のまつ毛の間をcで埋める。


MAQUIA9月号

撮影/岩谷優一〈vale.〉(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/長井かおり スタイリスト/福永いずみ モデル/森 有希 取材・文/靏田由香 構成/吉田百合(MAQUIA)


【MAQUIA9月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN