好感度抜群&コミュ力UP! 第一印象を操作するチークの色・カタチ

メイクアップ

新たな出会いが増えるこの時期。「MAQUIA」5月号では、好感度抜群な大人のための「笑顔見せ」チークのつくりかたを伝授します。

Image title

好印象を左右する重要パーツ

大人のための
「笑顔見せ」チーク
のつくりかた

新たな出会いが増えるこの時期。欲しいのは、初対面の人ともすぐに打ち解けられるような大人のコミュニケーション力。決してわざとらしくないのに好感度は抜群、自分も周囲も笑顔に包まれる、そんなコミュニケーション力を引き上げるチーク術を教えます。


ヘア&メイクアップアーティスト

河嶋 希さんと
チークと第一印象と

等身大の可愛さながらも、視線を奪うドラマ性をひとさじ加えたメイクが得意。絶妙なバランス感覚の持ち主。

「チークは、私のメイクには欠かせません。ここ数年、唇や目もとにポイントがあって、チークをのせないメイクも流行ってますが、どんな時も淡いチークをふわっとひとはけするのはマスト。それは、チークが人に好感を与えるとっておきのパーツだから。ひとはけで頬に血色感が宿り、温かみやフレッシュさ、ヘルシーさが生まれるんです。誰だって明るくて健康的な人に、引き寄せられますよね。そう、チークって人間関係をスムーズにする最高のコミュニケーションツール! しかも、色やカタチを変えるだけで、第一印象を自在にコントロールできるんです。簡単なので、なりたい印象別にぜひ試してみてください。(河嶋さん)」


”明るくて温かそうな
いい人オーラをつくるチークは
コミュニケーションツールです”


第一印象を操作する
チークRule

彩度で印象操作。
シアーな発色がマスト

色選びは、くすみのない彩度の高い色ほどフレッシュで若々しい印象、彩度の低い色ほど落ち着いた大人っぽい印象になることを基準に。ただし、大人の好感度チークは“塗りました感”が見えるのはNG。シアーな発色がマストです。

カタチ

エッジのアリ・ナシ
で印象自在

カタチは、角のない丸みを帯びたフォルムほど若々しく可愛らしい印象、鋭角なフォルムほど立体的で大人っぽい顔立ちに。好感度が高く、今っぽく仕上げる秘訣は、①頬骨の高い位置を中心に描き、②側面まで入れすぎないこと。

1/3

2/3

3/3

緊張を和らげる、やさしげな印象のピンク。目立つ色だから、大人は透け感が鍵。

Image title

頬にハリと丸みが生まれ、可愛らしいやさしげな印象。円が小さいと、子供っぽくなるので注意。

黄みを帯びたピンク色は、日本人の肌に最もなじみがいい。どんな人にも似合う万能カラー。

Image title

頬中央に丸み、側面にカーブがあるカタチは、どんなシーンにも映えるニュートラルな印象。

ベージュはクールな陰影カラー。好感度アップには、温もりを感じる赤みを含んだものを。

Image title

頬の縦のラインを強調する逆三角形型は、すっと骨格が際立つ。大人っぽい凛とした印象に。


MAQUIA5月号

ヘア&メイク/河嶋 希〈io〉 イラスト/machi 取材・文/中島 彩(MAQUIA) 企画/火箱奈央(MAQUIA)


【MAQUIA5月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN