頬やフェイスラインのたるみを一掃! ハイライト&シェーディングで立体小顔に

メイクアップ
いいね! 1件

「MAQUIA」10月号では、顔のパーツをさり気なく引き締めて、顔全体の印象を上げる“さり気なライン”のコツを紹介中。その中から、顔全体に立体感を持たせる“さり気なライン”をピックアップ!

Image title

肌を立て直したいときは光+影ラインのヴェールを重ねて立体的に

肌とラインメイク……一見、無関係のように思うけれど実はとても密接。ハイライトとシェーディング、つまり光と影が織りなすラインで、引き締めや立体感が誕生。どこか冴えない肌、輪郭のボヤケなどは、ベースづくりで整形レベルの効果を手に! 


ヘア&メイクアップアーティスト

高橋里帆さん

魅力を引き出す繊細なメイク術や、トレンドのほどよい取り入れ方に定評あり。モデルたちの支持も厚い。


【輪郭のお悩み】

「輪郭がぼやけて顔が平面化…大顔になった!?」

Image title

高橋さん「肌面積が広くなったように感じてしまうのは、頬やフェイスラインのたるみの仕業。光と影のライン使いで立体的に見せ、小顔効果を狙って。さり気ない彫り深さが大人メイクのカギ」。


A:シェーディングは幅広に2本重ねてごく自然に

フェイスラインの引き締めにはシェーディングが有効。輪郭の内側まで幅広に入れれば、瞬時に骨格矯正したかのような変化が。色はファンデーションよりもワントーン暗めのものを。

Image title

こめかみ下→口角、耳前下→アゴ先に向かってブラシで幅広に入れる。重ねるのが自然に見せる肝。


Image title

肌に自然な影色を落とし、立体感をアップするナチュラルベージュ色。ルナソルシェイディングチークス 01 ¥5000/カネボウ化粧品


B:光仕込みのハイライトは小さく入れるのが今っぽい!

ハイライトは、色よりツヤ感を重視。高く見せたい部分、明るく見せたい部分には光のスポットを。ただし広範囲に入れすぎると古い印象になるので、ピンポイントで効果的に見せて。

Image title

ノーズラインは、長いラインでつなげず、へこんでいる眉間、そして鼻先に光のスポットを仕込む。


Image title

ヘコんで見えがちな顔の側面にも光を。眉下から目尻をC字状に囲むように入れ、丁寧にぼかす。


Image title

ファンデーションだけでは作れないツヤと血色を補う。指でのせると粉状に変化。シマリング グロー デュオ 01 ¥4500/THREE


【次ページをチェック!】チークは色だけでなく光まで操って!≫≫

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN