【5月号特別付録】千吉良恵子さんプロデュース『ひし形美肌ブラシ』のスゴさを大解剖!

メイクアップ

「MAQUIA」5月号の特別付録は、人気メイクアップアーティスト・千吉良恵子さんプロデュースの『ひし形美肌ブラシ』。ベースもポイントメイクも叶う最強ブラシの、スゴイ機能を徹底解説!
Image title

いつものメイクを
格上げする多機能ブラシ

目にも新しい“ひし形ブラシ”を提案してくれた千吉良さん。一番の魅力は?「トレンドのツヤ肌やセミマット肌も、このブラシを使うことでさらに磨きがかかりサテンのような上質さが生まれます」(千吉良さん、以下同)

さらにこのブラシが凄いところは、実は目もとや頬に立体感を出すのにも使えるという点。「こだわり抜いた絶妙な柔らかさと密度の毛は、肌へのフィット感に優れ、角を使った繊細なメイクも可能。グリップには微妙なくぼみを持たせているので操作しやすいんです」。柄のないブラシはポーチに入れて手軽に持ち運べるので、いつでもどこでも上質なメイクが楽しめる。春肌&メイクを美しく仕上げるのに欠かせない一品です!

※付録なし版にはこの付録はつきません。

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

ここがスゴイ!

とんがりエッジ
細かい部分を美仕上げ

目の下は、ブラシを横に持ち一辺のエッジを使ってスライドさせるだけでムラなくなじむ。細い角先を使えば、塗り残ししやすい目尻のキワも簡単。

ブラシを縦に持ち、面の真ん中を使う感覚で、眉間から鼻先に向かって動かせば、キレイに鼻筋が通ったような仕上がりに。

細い角先を使えば、塗り残しが目立ちやすい口角もキレイな仕上がりに。ブラシの絶妙な湾曲を利用し、口角から唇下中央へとスライドさせれば唇のぼやけもクリアに。

ここがスゴイ!

まっすぐカット
つや磨きも

試作を繰り返し、最適な毛量と長さで仕上げたフラットなブラシ面。まさに“肌磨き”に適した柔らかさでムラなく上質なツヤ感を出す。

ここがスゴイ!

手になじむ
湾曲ダイヤ型
今どき肌をつくる

グリップは少しくぼみを持たせた設計。これがパーツによって動かしやすさと力加減をコントロールし、メイクの仕上がりをプロ級にする、千吉良流の仕掛け。


MAQUIA5月号

撮影/吉田 崇〈まきうらオフィス〉(モデル) 久々江 満(物) ヘア&メイク/千吉良恵子〈cheek one〉 スタイリスト/西野メンコ モデル/林田岬優 取材・文/靏田由香 構成/木下理恵(MAQUIA)


【MAQUIA5月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN