大注目の女優、松岡茉優さんが語る、「これからの私」とは?

メイクアップ
いいね! 1件

「MAQUIA」5月号で掲載中の『美女5人のビューティチェンジ』特集から、人気急上昇中の女優、松岡茉優さんが自身や美容について語ったスペシャルインタビューをお届けします!

Image title

松岡茉優

まつおか まゆ●1995年2月16日生まれ、東京都出身。

2008年にテレビ東京『おはスタ』のおはガールとして本格的にデビューし、映画『桐島、部活やめるってよ』やNHK連続テレビ小説『あまちゃん』の出演を機に注目を浴びる。映画『ちはやふる』が3月19日《上の句》/4月29日《下の句》二部作連続公開。ドラマ『その「おこだわり」、私にもくれよ!!』(テレビ東京他 4月8日〜 毎週金曜深夜0:52〜)が待機中。


 女優のみならずバラエティ番組のレギュラーも務めるなど、ジャンル問わず幅広く活躍中の松岡さん。「かわいい女の子が大好き!」と公言するアイドル好きでもあるけれど、本人は「赤点ギリギリの、なんとか許してもらえる三枚目の路線でやってきました」とはにかむ。

  

 「女優さんというカテゴリーに入れてもらっている以上、かわいくなければいけない役柄がちょこちょこ増えてきたんです。同年代で活躍している美少女たちにはかなわないしコンプレックスもあるけれど、なんとか動きや仕草でかわいらしさを表現できればいいなと3年くらい前に思い始めたんです。それが私の“かわいい”に対する最初のアタック。そこから、メイクひとつで顔の印象が変わることを色んなプロの方から教えてもらいました。20歳は10代の延長上という気がしたので21歳からが大人の1年生。自分の目指す方向性を、模索しているところです」


「女の子から大人の女性に変わる今がまさに転換期」


 将来のために始めたいことは体力作り。今年「バク転かバク宙をマスターしたい(笑)」と、夢は大きい。「友人の武田梨奈ちゃんや清野菜名ちゃんがやっているのを見て『カッコイイ』と思っちゃって(笑)。高畑充希ちゃんは歌、二階堂ふみちゃんはファッション、土屋太鳳ちゃんはダンスなど、同年代はみんな得意なものを持っているので、私も自慢できる特技が欲しかったんです。私にとってお芝居は一番好きなものだから、『この役やりたかった』みたいな嫉妬もしますよ。自分ひとりじゃ何の後ろ盾もないので、誰かに評価してもらいたい。数年以内に映画賞をもらうのが目標です!」


【次のページをチェック】松岡さんの春顔はこちら♡ >>>

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN