この秋、赤のワントーンメイクはボルドーで深みをプラスする!

メイクアップ
いいね! 3件

トレンドを牽引する千吉良恵子さんが提案する、モードをスパイスにしたワントーンメイクを「MAQUIA」10月号からお届け。

Image title

千吉良恵子さんが考える秋顔
ほんの少し、モードのスパイスを

秋冬は洋服の色や素材も重めになってメイクも少しこっくりさせたくなるもの。今シーズン注目すべきは、ミルキーな発色のベージュや、黒を含んだ深みのあるボルドーやネイビー。モードのニュアンスを少し加えるだけで、旬度の高い今ドキ顔に仕上がります。

Image title

赤のワントーンメイクは黒を感じるボルドーで深みをプラス


黒みレッド × ツヤボルドーLIP

ダークなボルドーも、適度なツヤ感があるので重くならず取り入れやすい。リボンクチュール アイズ 19 ¥5000/ジルスチュアート ビューティ(9/1発売) 

黒みレッド × ツヤボルドーLIP

ひと塗りで見たままの発色。セミマットな唇に。ケイト カラーハイビジョン ルージュ RD-3 ¥1200(編集部調べ)/カネボウ化粧品

EYE A-1を上まぶたのキワからアイホールまでグラデーションになるように塗り、それにかぶせるようにA-2を眉下からアイホールの半分まで重ねる。下まぶたにはA-3を潜ませてやわらかさをプラス。

LIP 唇全体にサッと塗ったら一度ティッシュで押さえ、濃さを調整して。

CHEEK 血色を足す程度に、レッド系パウダーチークをなじませる。


Chigira's voice

定着しつつある赤を効かせたメイクも、この秋は深みを増したボルドーがおしゃれ。主張の強い色なのであまり複雑にせず、潔くアイホール全体に塗るのが正解。モードだけれど赤ならではの女っぽさも宿るので、バランスも取りやすい。


MAQUIA10月号


撮影/ 菊地泰久〈vale.〉(モデル) 恩田はるみ(物) ヘア&メイク/千吉良恵子〈cheek one〉 スタイリスト/黒崎 彩〈Linx〉 モデル/鈴木えみ(マキアミューズ) 取材・文/野崎千衣子 谷口絵美 構成/若菜遊子(MAQUIA)


【MAQUIA10月号☆好評発売中】


RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN