ブルー×オレンジラインで叶う大人の眼差し。イガリシノブ流・脱!黒のアイメイク術

メイクアップ

「MAQUIA」1月号では、イガリシノブさんが黒を使わないアイメイクを提案! さりげない、大人のカラーメイクで目元の存在感を強調。

Image title

Not 黒でなりたい印象になる
\イガリ流/
冬の色っぽおしゃれ顔

筋金入りのカラーマニア・イガリさんがお届けするこの冬のITメイクは、黒を使わない目元。


“潔い女らしさを宿す
ブルー×オレンジライン”

Image title

「瞳に澄んだ軽やかさを与えるブルーのラインだけど、これだけ使うと肌から孤立してしまう気がして……使うなら、オレンジライナーとの合わせ技が◎。頬やリップの自然な赤みとつながって、目元の存在感もぐっと高まります」

1/2

2/2

★マークが使用アイテムです。

1 グリッター入りブルー。フィジシャンズフォーミュラ カスタムアイライナートリオ CET03 BL(BR.BKとセットで)¥1900/ノアビューティー 2 透明感がぐんと盛れる! デジャヴュラスティンファインa クリームペンシル ナチュラルネイビー ¥1200/イミュ 3 旬なオレンジ。ドローイング ペンシル Pライト オレンジ 21(限定パッケージ) ¥2400/シュウ ウエムラ(限定品) 4 ラインにもシャドウにも。ヴィセ リシェ クレヨン アイカラー OR-3 ¥1200(編集部調べ)/コーセー

3のオレンジで下まぶたの目頭から目尻まで、まつ毛の間を埋めつつラインを描く。黒目の下だけ太めに。上まぶたは1のブルーで。黒目の外側から描き始め、まぶたのラインに沿って目尻を自然にのばす。

MAQUIA1月号

撮影/吉田 崇〈まきうらオフィス〉(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/イガリシノブ〈BEAUTRIUM〉 スタイリスト/金山礼子 モデル/比留川 游 取材・文/通山奈津子 構成/山下弓子(MAQUIA)


【MAQUIA1月号☆好評発売中】

Image title

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN