ALL¥3800以下のコスパUVケア! 人気美容ライターが新作をセレクト

メイクアップ

紫外線を防ぎながら、美白成分を肌に投入! 「MAQUIA」4月号では、UVカット効果はもちろん、美白も叶える高コスパなアイテムを厳選。

Image title

へーあんコンビが
最強アイテムを
マニアックにお試し!

新作UVはプラスお得で
選ぶのが正解

焼けないなんて当たり前。UVカット機能に+αのお得感があるのが今年のUV。いち早く試した2人が“お得度”視点で対決!

Image title

へー先輩こと
平 輝乃さん

ビューティエディター。30代はオイリー肌で今は皮脂は標準、水分不足気味のインナードライ肌。UVはつけ心地のよさとファンデーションの色に影響しない無色透明な仕上がりが好み。

Image title

あん後輩こと
長田杏奈さん

美容ライター。日焼けによるダメージに弱い敏感ぎみの乾燥肌。相性の悪い紫外線防御剤は外出後2時間でわかるセンサーの持ち主。中学時代からほぼUVケアを欠かしたことなし!


一番効果がわかりやすい
UVケアは進化が早い

タイラ(以下♠) 日焼け止めってそれを塗って焼けたら、「これはダメ!」という烙印をすぐ押されてしまうから、毎年、各ブランドの進化が早いよね。
オサダ(以下♥)塗り直さずに焼けたせいもあるから、それならと塗り直ししやすいように工夫されたものが出てきますもんね。
 今年ならクッションUVとかね。確かに楽ちん。
♥ 水着の肩ひもとかバッグの持ち手で擦れて、日焼け止め自体が取れてしまって焼けるという問題にも今年は対応してきましたよ。
♠ 焼きたくない人は白肌になりたい人だから、美白UVもいつも以上に多かった。塗るだけで美肌仕上げをうたうUVの美肌レベルも格段に上がってきた印象です。
 ほんと~。私は紫外線防御剤と相性が悪いと、乾燥でピリピリしちゃうこともあって。敏感肌には紫外線散乱剤がいいとよく聞くけど、散乱剤は乾燥しやすいものもあるし、それなら紫外線吸収剤が肌に直接触れない設計ものの方がいいなという場合も。
 そのあたりも進化しているから思い込みで損しないでほしいね。

Image title

美白しながらUV3カード対決

紫外線を防ぎながら、肌に美白成分を送り込む。美白もできるUVで憧れの白肌にリーチ。

1/6

2/6

3/6

4/6

5/6

6/6

アルビオン
ホワイトフィラー
クリエイター

(医薬部外品) SPF35・PA+++ 30g ¥3000

弾力のあるピンク色のベースはのばすと肌に程よい白さをプラス。毛穴やキメの粗さをならしてつるんとなめらか肌に。美白&抗酸化効果を狙えるトラネキサム酸配合で手堅くケア。

資生堂 アネッサ
ホワイトニングUV ジェルn

(医薬部外品) SPF50+・PA++++ 90g

¥2400(編集部調べ)

防御力の強すぎる日焼け止めの塗り心地が苦手だったけど、これはみずみずしくって嫌な塗膜感もなし。保湿クリームみたいだから、日焼け止め=肌に悪いという罪悪感を払拭。

トランシーノ薬用
ホワイトニングCCクリーム

(医薬部外品) SPF50+・PA++++ 30g

¥2600/第一三共ヘルスケア

白浮きしないベージュトーンでメイク効果がありつつ、高いUVカット力で安心。美白や保湿ケアの他、PM2.5のダメージをケアする成分まで配合の1品5役、素晴らしすぎる。

オバジC
マルチプロテクト UV乳液

SPF50+・PA++++ 30㎖

¥3000/ロート製薬(3月10日発売)

結局、紫外線を避けるのはシミだけでなく酸化も進めたくないから。3種類のビタミンCを美容液級高濃度で配合が頼もしい。夏場、気になりだす毛穴の開きにも対応できて〇。

ホワイティシモ 薬用ブロック
シールドホワイトプラス

(医薬部外品) SPF50+・PA++++ 50㎖

¥3800/ポーラ(4月6日発売)

複数の紫外線防止剤を上手に組み合わせて肌に負担感なく、かつ焼けない点で信頼しているブランドのひとつ。ビタミンC誘導体と角層ケア成分で美白も保湿も高レベルで満足。

エトヴォス
ミネラルUVホワイトセラム

(医薬部外品) SPF35・PA+++ 30g ¥3500(限定品)

CCというメイク機能もありつつ、UVも美白もできるスグレモノ。優しい使用感でパサつかず、しっとり感の続くミネラルUVは敏感肌を本気でいたわる思いが伝わってきます。


MAQUIA4月号

撮影/藤澤由加(人物) 久々江 満(物) ヘア&メイク/室橋佑紀〈ROI〉 取材・文/平 輝乃 企画/芹澤美希(MAQUIA)


【MAQUIA4月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN